ゴーン元会長 自身の半生の映画化に向け契約か 米メディア

ゴーン元会長 自身の半生の映画化に向け契約か 米メディア
日産自動車のカルロス・ゴーン元会長について、アメリカのメディアは、自身の半生を映画化することなどに向けて、ハリウッドの大物代理人と契約を交わす見込みだと伝えました。
アメリカのメディア ブルームバーグは10日、中東のレバノンに逃亡した日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン容疑者について、ハリウッドの大物代理人であるマイケル・オービッツ氏と契約を交わす見込みだと伝えました。

オービッツ氏は大手タレント代理人事務所の創業者で、ウォルト・ディズニーの社長を務めたこともあり、映画業界に強いパイプを持つとされています。

ゴーン元会長は、みずからの名誉回復のためとして今回の逮捕や逃亡の経緯などを含め、自身の半生を映像にする構想を持っているとされていて、ゴーン元会長の広報担当者は、オービッツ氏が映画化などの窓口役になると話しているということです。

ブルームバーグは、「新たなコンテンツを探す大手の動画配信会社にとって、ゴーン元会長の物語は魅力的な映画やドラマになるだろう」と伝えています。