タイ 現役兵士の銃乱射で29人死亡 衝撃広がる

タイ 現役兵士の銃乱射で29人死亡 衝撃広がる
タイ東北部で陸軍兵士の男が銃を乱射し、ショッピングモールに立てこもった事件で、これまでに29人が死亡、50人以上がけがをしました。男は治安部隊によって射殺されましたが、現役の陸軍兵士による大規模な銃の乱射事件という異例の事態にタイでは衝撃が広がっています。
タイ東北部の都市、ナコンラチャシマで、現地時間の8日午後3時半ごろ、タイ陸軍に所属する兵士の男が上官の住宅を襲撃し、上官らを射殺したあと、ショッピングモールとその周辺で銃を乱射しました。

男はその後、週末でにぎわっていたショッピングモールの建物の中でおよそ15時間にわたって立てこもりましたが、9日朝、治安部隊との銃撃戦の末、射殺されました。

地元当局によりますとこの事件でこれまでに29人が死亡し、58人がけがをしました。

タイのプラユット首相は9日午後、現地で会見を開き、男の動機について「不動産の売買をめぐって金銭トラブルを抱えていたようだ」と明かしたものの、なぜ直接関係のない大勢の人々に向けて銃を乱射したのか、詳しいことはわかっていません。

現役の兵士による大規模な銃の乱射事件という異例の事態にタイ国内では衝撃が広がっていて、警察や軍は関係者から話を聞くなどして事件のいきさつや男の動機について詳しく調べることにしています。

映像には激しい銃撃音も

ショッピングモールに取り残された人たちの救出にあたった治安部隊が撮影した映像には、腹ばいになった隊員たちが吹き抜け部分を利用して銃を構える様子などが捉えられています。

治安部隊によりますと、抵抗する男との間で銃撃戦になったということで、映像には連続した激しい銃撃音も記録されています。

男は地元の基地に所属する現役の兵士で、基地から機関銃など6丁の銃と大量の銃弾を盗み出して犯行に及んでおり、治安部隊にとって非常に危険な状況だったことがわかります。