新型肺炎治療の医師 “高齢者などに感染広げぬよう対策を”

新型肺炎治療の医師 “高齢者などに感染広げぬよう対策を”
新型コロナウイルスによる肺炎の患者の治療に当たった医師がNHKの取材に対し、発熱や全身のだるさが1週間以上続くものの症状は比較的軽いとした一方、日本国内でも感染が広がるおそれはあるとして、持病のある人や高齢者など、重症化するおそれがある人に感染を広げない対策を取る必要があるという考えを示しました。
国立国際医療研究センターの忽那賢志医師は、新型コロナウイルスの感染が拡大する中国 武漢からチャーター機で帰国した症状が出た人など、5人の治療に当たりました。

忽那医師は、実際の患者の症状について知ってもらいたいと、NHKの単独インタビューに応じました。

その中で忽那医師は、患者に共通していた症状は鼻水やのどの痛み、それにせきが出て、37度以上の発熱や全身のけん怠感が1週間程度続くことだと指摘しました。

中には1週間後に熱が高くなることもあり、インフルエンザやほかのウイルス性の感染症より症状が続く傾向があるとしています。

ただ症状は比較的軽く、肺炎になる人もいたものの、全員回復してきているということで、「今のところ、細菌やインフルエンザによる肺炎よりも軽い。感染力は比較的高いが重症度は低い」と話しています。

また、症状が出ない人が感染を広げるリスクが指摘されていることについて「基本的にはせきやくしゃみでうつる感染症なので、症状が出ていなければ広がるリスクは低いとみられる」と述べました。

その一方、日本で感染が広がる可能性について「感染の拡大を完全に抑えるのはなかなか難しい状況になってきているのではないか。持病のある人や高齢者、それに妊娠中の女性もインフルエンザなどの場合、重症化しやすいので、こうした人たちが感染しないよう、皆さんが手洗いなどの予防対策をしっかり意識して行う必要がある」と述べ、重症化するおそれがある人たちに感染を広げない対策の必要性を強調しました。