新型ウイルス クルーズ船の感染者61人に うち1人重症

新型ウイルス クルーズ船の感染者61人に うち1人重症
新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船で、新たに日本人21人を含む乗客41人の感染が確認されました。クルーズ船が横浜港沖に停泊して以降、乗客と乗員で感染が明らかになったのは61人となりました。
厚生労働省は、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で今月3日から乗客と乗員全員の合わせて3700人余りの検疫を行い、このうち、発熱やせきなどの症状があったり、症状がある人と濃厚接触したりした合わせて273人から検体を採取してウイルス検査を実施してきました。

そして、7日新たに171人の結果が判明し、41人の感染が明らかになりました。

感染が確認された41人は全員が乗客で、このうち21人は日本人です。

そのほかの人の国籍はアメリカが8人、オーストラリアとカナダが5人、アルゼンチンとイギリスが1人となっています。

年代別では20代から40代が3人、50代が3人、60代が8人、70代が21人、80代が6人だということです。

また、重症者はいないということです。

新たに感染が確認された41人は、神奈川県のほか東京、埼玉、千葉、静岡の医療機関に搬送されることになっています。

クルーズ船は先月20日に横浜を出発し、その後、香港に住む80歳の男性が香港で船を下りた後に、新型コロナウイルスへの感染が明らかになっていました。

クルーズ船で感染が確認されたのは、香港の男性を除いて合わせて61人となり、このうち日本人は28人となっています。

また厚生労働省によりますと、6日までに感染が確認された人のうち何らかの持病がある1人が重症だということです。

厚生労働省は残る3600人余りの乗客と乗員については、今後も引き続き船内にとどまり、原則として、5日からの14日間は、客室などで待機することを求めています。

国内で新型コロナウイルスへの感染が確認された人は、クルーズ船の61人を含めて86人となりました。

クルーズ船から感染者を搬送

大黒ふ頭では、正午すぎから、新たに感染が確認された人たちをクルーズ船から5つの都県の医療機関に搬送する作業が始まり、延べ20台ほどの救急車が順番に患者を搬送しました。

搬送作業は防護服を着た担当者が行い、クルーズ船から乗客が時折、心配そうに作業を見守る中、搬送作業は今も続けられています。

感染者除く3600人余 19日まで船内に

厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客・乗員のうち、感染が確認された61人を除く3600人余りの人たちは、原則14日間、今月19日までは船内にとどまってもらうことになっています。

また、政府が用意したチャーター機の第1便で帰国し、ウイルスへの感染が確認されなかった人は、千葉県勝浦市のホテルなどに滞在していて、今月11日にウイルス検査が行われ、そこで感染が確認されなければ、翌日以降、帰宅できるようになります。

さらに、第2便で帰国し宿泊施設に滞在している人は12日に、そして第3便の人は13日にそれぞれ検査を受ける予定で、そこでも感染が確認されなければ、翌日以降、帰宅できる見通しです。

船内 体温計と使い捨て手袋配られる

新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」にいる北海道の60代の女性に7日の船内の様子などについて電話で取材しました。

女性によりますと午前中に乗客に体温計が配られました。体温が37度5分を上回ったら報告するよう指示があり、計ったところ36度台で問題はなかったということです。

また長引く客室内での生活への配慮から、部屋に窓が無い人から順番にデッキなどに出られるようになったということです。部屋の外へ出るのにあたって配布された使い捨ての手袋を着用するよう指示されたほか、周囲の人とは1メートル以上間隔をあけることも求められたということです。

こうした新たな動きがある一方で、6日、届けてほしいと申請した血圧を下げる薬はまだ手元に届いていないということです。

NHKがインタビューを行っている間も港に救急車が数多く停車し、自衛隊の車両が到着する様子が部屋の窓から見ることができたということです。

乗客「80代母親の薬切れて困っている」

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に80代の母親と乗船しているという女性は、「母親がせきが出るため医務室に行ったが、薬がもらえない。高血圧の薬も切れたので申請したがまだ届かず、困っている」と話しています。

NHKがきょう午後6時前に電話で女性に話を聞いたところ、船内では体温計が配られ、37.5度以上の人は申し出てほしいと案内があったということです。

女性は、「母は熱は出ていないが、せきが出て苦しそうにしている。医務室に行ったが、薬がもらえない。夜中に熱が出た場合に対応してもらえるのかも不安だ。高血圧の薬も切れたので申請したがまだ届かず、困っている。船内で知り合った人たちと内線電話でやり取りしているがせきが続いているという人は複数いる」と話しています。

また、女性によりますと、乗員が客室に入らないようにしているため掃除が行われず、女性の部屋ではタオルも交換されていないということです。

女性は、「自分で掃除をするための道具やタオルの交換を求めているが、従業員は忙しそうで『わかりました』とは言ってくれるが、対応してもらえていない。トランプなどを配ってもらったが、薬や衛生面が大事なのでそういうところを急いでもらいたい。いつになったら帰れるのか、不安でなりません」と話していました。

船内の外国人は…

【アメリカ】
アメリカ大使館によりますと、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」には、428人のアメリカ人が乗船しているということです。大使館では、日本の関係機関などと連携し、乗船者やその家族に状況を適宜伝えて行くほか、医薬品が不足している場合には必要な人に行き渡るようにするなど、支援を行っていくとしています。

【イギリス】
イギリス外務省は、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に、イギリス人およそ70人が乗船していることを明らかにしました。このうち1人から陽性反応が出て、現在治療を受けているということで、感染した人やその家族と連絡を取り合っているとしています。また、数人の乗客とは直接連絡を取っていて必要な支援を提供していくとしています。

【ロシア】
在日ロシア大使館は、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に、ロシア人24人が乗船していることを明らかにしました。24人は全員、乗客で、子どもも含まれているということです。これまでに新型コロナウイルスに感染していることが確認された人はいないとしています。

大使館の職員がスマートフォンの通話アプリなどを通じてロシア人乗客と連絡をとりあい、乗客から要望のあった常備薬や日用品などについて日本外務省に伝えているということです。

厚生労働省は船内に残る乗客と乗員について、原則として今月19日まで船内にとどまってもらうことにしているため、大使館では、日本側の方針に合わせてロシア人乗客の帰国に向けた対応を調整するとしています。

海外メディアの反応

外国人も多く乗船するクルーズ船で、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたことについて、イギリスの有力紙「ガーディアン」は、6日付けの電子版で「ぜいたくな日々は過ぎ去った。コロナウイルスに襲われたクルーズ船での生活」と題した記事を掲載しました。

その中で「私たちの部屋は小さく窓もありません。4人いる部屋にいすは一つしかありません」と訴えるアメリカ人の80歳の乗客の証言などとともに、客室などで待機するよう求められ、不自由な環境に置かれている乗客の状況を紹介していて、「人生の休日は恐怖と不安に満ちた時間に変わった」などと伝えています。

また、アメリカのCNNテレビは、アメリカ人の乗客から寄せられた動画のメッセージを紹介し、この中で乗客は「私たちが安全な状況にいるとは思えない。すでに感染が始まっている船内ではなく、衛生環境のよい場所で隔離されるべきだ」と話し、本国に対応を求めていました。

また、「クルーズ船の乗客は、比較的年齢層が高く、世界中から来た人たちと同じ室内で多くの時間を過ごす」とする専門家の話も紹介し、陸上よりも、クルーズ船のような閉ざされた空間のほうが感染が早く広がりやすいと指摘しています。