新型ウイルス感染拡大 トヨタ 中国の工場 操業再開を先送り

新型ウイルス感染拡大 トヨタ 中国の工場 操業再開を先送り
新型のコロナウイルスの感染拡大が続いていることから、「トヨタ自動車」は、今月10日以降に予定していた中国にある工場の操業再開を、今月17日以降に先送りすることを決めました。当初の計画よりおよそ2週間、操業の再開が遅れ生産の停止が長期化することになります。
トヨタは中国で天津、広州、成都、長春の4つの都市で、現地メーカーと合弁で完成車を生産していますが、新型のコロナウイルスの感染拡大で春節明けの今月4日までに再開する予定だった操業を今月10日以降に延期していました。

しかし、感染拡大が続いていることから、中国にあるこれらの工場の操業再開を今月17日以降にさらに先送りすることを決めました。

これにより、工場の操業再開は、当初の計画よりおよそ2週間、遅れることになり生産の停止が長期化することになります。

操業再開の見通しについては、感染拡大の状況や現地の地方政府の方針などを踏まえ、判断するとしています。

トヨタは去年、世界最大の自動車市場・中国で初めて日本市場を上回る162万台余りを販売し、ことしはさらに生産や販売を増やす計画でした。しかし生産停止の長期化で、今後の業績への影響が懸念されるほか、トヨタと関連の深い現地の部品メーカーの生産などにも影響が及ぶことが懸念されます。

経産相 部品在庫など状況把握を急ぐ考え

新型コロナウイルスの感染拡大で日本の自動車メーカーの間で中国の工場の操業再開を先送りする動きが出ていることを受けて、梶山経済産業大臣は日本国内の生産に影響しないか部品の在庫など状況の把握を急ぐ考えを示しました。

梶山経済産業大臣は、7日の閣議のあとの記者会見で「武漢はものづくりで日本企業の現地の生産拠点だ。サプライチェーンの中でどういう状況になっているか、日本への部品の輸入があるかどうかなど、すべてを想定しながら対応している」と述べました。

そのうえで、梶山大臣は「部品の在庫があるのかや代替生産ができるのか、途中の物流の状況を含めてあらゆる調査をしている」と述べ、自動車メーカーなどの日本国内の生産に影響しないか経済産業省としても状況の把握を急ぐ考えを示しました。