「宇宙ごみ」除去へ 日本と国連が協力

「宇宙ごみ」除去へ 日本と国連が協力
k10012276041_202002070437_202002070439.mp4
人工衛星の部品など宇宙空間に漂う「宇宙ごみ」が深刻化する中、日本政府は国連と協力して、「宇宙ごみ」の除去に向けた研究成果の普及などを進めていくことになり、国際協力に向けた主導権を発揮していく考えです。
宇宙空間には運用を終えた人工衛星や衛星を打ち上げたロケットの部品など、膨大な数の「宇宙ごみ」が漂っていて、運用中の衛星や国際宇宙ステーションに衝突すると深刻な被害が出るおそれがあると懸念されています。

これについて日本政府は、国連と協力してこの問題の啓発活動や「宇宙ごみ」を除去するための研究成果の普及などを進めていくことになり、6日、国連宇宙部の本部があるウィーンで署名式典が行われました。

国連との協力で署名を結ぶのは日本が初めてで、国連宇宙部のトップ、ディピッポ部長は「日本との協力は重要だ。宇宙ごみの問題は深刻さを増しており、緊密に取り組んでいきたい」と歓迎しました。

日本は民間事業者と連携しながら、2025年度をめどに世界で初めて大型の「宇宙ごみ」の除去の実用化を目指すなど、高い技術力が期待されています。

ウィーンにある国連日本代表部の引原大使はNHKのインタビューに対し、「宇宙活動が社会や経済に大きな影響をもつなか、最大の問題がこの宇宙ごみだ。日本は宇宙ごみに対する長い経験と蓄積があり、それを生かして、国際協力を進めていきたい」と述べ、主導権を発揮していく考えを示しました。