新型肺炎 中国での死者361人に SARSを上回る

新型肺炎 中国での死者361人に SARSを上回る
k10012270131_202002031216_202002031217.mp4
新型のコロナウイルスの感染拡大が続く中国の保健当局は、死亡した人が新たに57人増えて361人になったと発表し、2003年に流行した新型肺炎「SARS」の中国国内での死者数を上回りました。中国では旧正月「春節」の連休が明けましたが、感染拡大を抑え込もうと厳戒態勢が続いています。
中国の保健当局、国家衛生健康委員会は3日、新型コロナウイルスに感染して死亡した人の数が、2日の発表から湖北省などで新たに57人増えて361人になったと発表しました。

2003年の新型肺炎「SARS」の中国での死者は349人でしたが、これを上回りました。

中国国外でも死者が出ていて、フィリピンで1日、中国人の男性1人が死亡しています。

また中国国内の患者の数は2829人増えて1万7205人となり、このうち症状の重い患者はおよそ2300人に上っています。

中国では「春節」の連休が明け、本来なら3日から大勢の人が出勤し始めますが、北京や上海など各地の当局は感染拡大を抑え込むため、企業に対して業務の再開を1週間遅らせることや、在宅勤務にすることを求めていて、閑散とした仕事始めとなっています。

また各地の地下鉄の駅や建物の入り口など人の集まる場所では、体温の検査が行われるなど厳戒態勢が敷かれています。

一方、感染拡大が最も深刻な湖北省の武漢では新型コロナウイルスに感染した患者を専門に治療する病院が完成し、2日、中国軍の医療チームに引き渡されました。

しかし現地では依然として医師や医療施設の数が不足していて、急増する患者への対応が喫緊の課題となっています。