新型肺炎 中国の患者 1万人を突破 死者は259人に

新型肺炎 中国の患者 1万人を突破 死者は259人に
中国では新型のコロナウイルスに感染した人が1万人を超え、死亡した人は259人に上っています。中国では2日で旧正月の「春節」に合わせた大型連休が終わることから帰省先から都市部に戻るUターンが本格化していて、各地では感染拡大を防ぐため厳戒態勢が敷かれています。
中国の保健当局、国家衛生健康委員会は新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が新たに2102人増え、1万1791人になったと発表しました。

死亡した人の数も46人増え、259人に上っているということです。

一方、感染が疑われる人は1万7988人いるとしています。

こうした中、中国では2日で旧正月の「春節」に合わせた大型連休が終わるため帰省先などから都市部に戻るUターンが本格化していて、人の移動に伴う感染の拡大が懸念されています。

国営の中国中央テレビは高速道路の入り口で当局が24時間態勢でドライバーなど一人一人に体温検査を行っている様子や、医療従事者が詳しく状況について聞き取りを行っていることなどを伝えています。
また、鉄道の駅でも体温検査が徹底して行われていて、近くには簡易の診察所が設けられ、防護服に身を包んだ医療従事者が待機している様子を伝えていて、各地では感染拡大を防ぐため厳戒態勢が敷かれています。

中国以外の26の国と地域で158人

中国以外で新型のコロナウイルスに感染した人が確認された国と地域は26に、感染者は合わせて158人に上っています。

中国以外の国と地域でこれまでに確認された感染者の数は
▽タイで19人
▽日本で17人
▽シンガポールで16人
▽香港で13人
▽韓国で12人
▽台湾とオーストラリアでそれぞれ10人
▽マレーシアで8人
▽アメリカとドイツ、マカオでそれぞれ7人
▽フランスとベトナムでそれぞれ6人
▽UAEで4人
▽カナダ、イタリア、イギリスそれにロシアでそれぞれ2人
▽ネパール、カンボジア、スリランカ、フィンランド、インド、フィリピン、スウェーデン、スペインでそれぞれ1人となっています。

韓国の感染者 日本に滞在し別の感染者と接触

韓国の保健福祉省は1日午前、新たに1人の感染が確認されたと発表し、韓国国内の感染者は合わせて12人になりました。

新たに感染が確認されたのは観光ガイドの40代の中国人男性で、今月19日に韓国に入国したということです。

保健福祉省によりますと、この男性は韓国を訪れる前に日本に滞在し、日本で確認されている別の感染者と接触していたということですが、武漢への渡航歴があったのかどうかなどこれ以前の行動は明らかになっていません。

一方、ソウルでは1日午前、武漢やその周辺に滞在していた韓国人およそ330人を乗せた2便目のチャーター機が到着し、韓国政府は帰国した人たちをおよそ2週間、施設に隔離して経過を観察するということです。

アップル 中国の店舗を臨時休業

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、アメリカの大手IT企業アップルは中国にある店舗を今月9日まで臨時休業すると発表しました。

アップルのホームページによりますと、中国大陸には42の店舗が営業しているということで、このうち上海の店舗では、2日から営業を見合わせるということです。

中国では上海など各地の当局が多くの企業に対し、旧正月の大型連休を今月9日まで延長し活動を再開しないよう求める通知を相次いで出していて、アップルもこれを受けたものとみられます。

オーストラリア 2週間以内に滞在歴ある人の入国禁止

中国で新型のコロナウイルスによる感染が拡大していることを受け、オーストラリアは入国前の2週間以内に中国に滞在歴のある人の入国を禁止することを決めました。

これはオーストラリアのモリソン首相が1日開かれた記者会見で明らかにしたものです。

それによりますと、禁止されるのは入国前の2週間以内に中国に滞在歴のある人で乗り換えなどで中国国内の空港を利用した人も含まれます。

ただ、オーストラリア国籍の人や永住権を持つ人とその家族は例外的に入国が認められるということですが、少なくとも2週間は屋外に出るのを控え人と接触しないよう呼びかけています。

さらにオーストラリア政府の渡航情報について、中国は4段階で最も高いレベル4の「渡航禁止」に引き上げたと発表しました。

モリソン首相は「対策は、オーストラリアの人々が落ち着いて日常生活を送れるよう、十分な注意をもってとったものだ」として、今後も状況に合わせて対策を強化していく方針を強調しました。

中国 李首相 EUに医療物資の協力を要請

中国政府は、新型のコロナウイルスの感染拡大が続く中、李克強首相がEU=ヨーロッパ連合のフォンデアライエン委員長と電話で会談したと、1日、発表しました。

この中で李首相は、中国政府として感染の拡大防止に向けた対策を強力に推し進めていると説明したうえで「われわれは最前線の医療スタッフが必要としている医療物資の調達に全力を挙げている。EUにも調達に当たって便宜をはかってほしい」と述べ、感染が深刻な地域でマスクや防護服などの医療物資が不足していることを踏まえ、協力を要請しました。

これに対しフォンデアライエン委員長は「EUとしても可能なかぎり支援を行いたい」と応じ、中国側に協力する意向を示したということです。