“受験生にマスクを” 広がる新型肺炎への対策

“受験生にマスクを” 広がる新型肺炎への対策
2月1日から東京都内の私立中学で入学試験が始まるなど、受験シーズンはこれから本番です。
しかし、新型のコロナウイルスの感染が広がっていて「もしも感染してしまったら」と受験生や保護者からは不安の声も。
広がる試験会場での対策を取材しました。
(ネットワーク報道部記者 和田麻子 松井晋太郎)

息子が受験なんだけど

本格的な受験シーズンを控えてネット上では不安の声が投稿されています。
受験生とみられる投稿
大学入るために必死に勉強頑張ってきたのにコロナウイルスに感染して受けれないなんてなったらどうしよう。早く収まってくれ
もし感染したら今まで努力してきたもの全てがパーになっちゃうんだよ…
保護者とみられる投稿
今年息子が大学受験なんだけど、コロナウイルスに感染したらこの1年楽しみのすべてを犠牲にして勉強してきた事が台無しになるのか
マスク大量買いしたけど、不安が…息子が受験なのに

マスク・消毒液を自由にお使いください

マスクと消毒液の使用を呼びかけることで感染予防を徹底しようという動きも始まっています。

横浜市鶴見区にある中高一貫の橘学苑の中学と高校では、1月25日から、校舎の出入り口にマスクと消毒液を新たに設置しました。
そして、一緒に添えたのが「自由にお使い下さい」と書いた案内です。
2月1日から中学受験が始まる橘学苑には、朝から多くの受験生や保護者が校舎を訪れ、男女合わせて80人の募集枠で試験に臨みます。
受験生は、面接などを除いて本人が希望すれば、マスクを着用して試験を受けられるということです。
橘学苑 法人担当事務長
「報道を見るかぎり、今後日本でもさらなる感染拡大が予想されます。あまり敏感に反応し過ぎるのはよくないことだと思いますが、これから本格的な受験シーズンを迎えるのにあたって、準備を重ねてきた受験生が本来の力を発揮できるようできるかぎりのことをしたい」

予備校では立ち入り禁止を

万全の態勢で本番を迎えようと、2月1日からマスクの着用なしに校舎や寮の立ち入り禁止を決めた予備校もあります。
九州を中心に予備校を展開する福岡県北九州市の「北九州予備校」は、13の校舎と17の寮すべてで、受験生や教職員らにマスクの着用を徹底させるということです。

マスクは、基本、各自で準備しますが、足りなくなった受験生や来客用に予備校は、合わせて3000枚のマスクを周辺の店舗などから集め、対応にあたることにしています。

校舎にはインフルエンザなどの対策としてふだんから消毒液を設置し、手洗いやうがいを徹底させてきましたが、新型のコロナウイルスの広がりを受けて、急きょ、対策に踏み切ったということです。
この予備校にはおよそ4000人の浪人生が通っていて、このうち3分の1が寮生活を送っているということです。

「北九州予備校」統括部の三輪尚志次長は対策の理由について、次のように話しています。
三輪尚志次長
「受験生のなかには、東京や大阪など人口が密集する都市まで交通機関を使って移動する人もいます。これまで頑張ってきた受験生にとって、これからが大切な時期で、万全の態勢で試験に臨めるよう予備校あげて努めたい」

受験生は全員マスク着用の大学も

2月下旬から入学試験が始まる東京藝術大学では30日、「受験生の方へ」と題して、新型コロナウイルスへの対策をホームページで周知しました。
それによりますと、感染の拡大が懸念されるとして入学試験の受験の際には、予防の観点からすべての受験生にマスクの着用をお願いするとしています。

本人確認をする写真照合の際には、試験の監督者の指示でマスクを取り外してもらうようにすることにしています。

東京藝術大学では、これまでマスクの着用を呼びかけるまでの対応はとっていなかったということですが、ことしは試験当日にマスクを忘れた受験生のために独自にマスクを用意する計画で準備を進めています。

また基本的な感染症の予防対策である、手洗いやせきエチケットの徹底も呼びかけています。
入学試験係の担当者
「受験生の安心のためにも対応しないといけないと思います。入試は1か月後なのでさらに感染が拡大する可能性もあるかもしれませんが、その時の状況次第で別の対応も検討しないといけないと考えています。早く終息してくれたらいいんですけど…」