上皇さま 一時意識失い倒れる 検査と診察の結果 所見みられず

上皇さま 一時意識失い倒れる 検査と診察の結果 所見みられず
上皇さまは、29日、皇居にあるお住まいで一時意識を失って倒れ、30日午前、宮内庁病院で検査と診察を受けられましたが、原因となるような所見はみられなかったということです。宮内庁は、今後も引き続き注意深く様子をみていくとしています。
宮内庁によりますと、上皇さまは、29日午後6時半ごろ、お住まいの吹上仙洞御所で意識を失って倒れられたということです。

そばにいた上皇后さまの知らせで医師らが駆けつけると、上皇さまは、いびきのような息遣いをしていて、診察が始まるとほどなく意識が戻られたということです。

上皇さまは、寝室で必要な処置を受けたあとそのまま就寝し、30日午前、宮内庁病院で頭部のMRI検査や医師の診察を受けられました。検査の結果、症状の原因となるような所見は見られなかったということです。

上皇さまは、最近は、上皇后さまとともに、仮住まい先の高輪皇族邸への引っ越しの準備に専念していましたが、29日は、午後に外出し、お住まいに戻って1時間ほどたったあと倒れられたということです。

上皇さまは、去年7月には、一時的に強い脳貧血の症状が出て、予定していた健康診断の一部を延期されました。

宮内庁は、今後も引き続き注意深く様子をみていくとしています。