東京マラソン 出場選手発表 設楽選手 五輪代表入りに強い意欲

東京マラソン 出場選手発表 設楽選手 五輪代表入りに強い意欲
東京オリンピック男子マラソン代表の最後の1枠をかけた選考レースの1つ、東京マラソンの出場選手が発表され、前の日本記録保持者の設楽悠太選手が代表入りをかけた日本記録更新に強い意欲を見せました。
東京オリンピックの男子マラソン代表の最後の1枠は、3月1日の東京マラソンとその1週間後のびわ湖毎日マラソンの残り2つのレースで、日本記録を更新する2時間5分49秒以内で最も速いタイムを出した選手が選ばれます。

28日は都内で東京マラソンの出場選手が発表され、前の日本記録保持者で記者会見に出席した設楽選手をはじめ、現在の日本記録保持者の大迫傑選手やおととしのアジア大会を制した井上大仁選手ら有力選手がエントリーしました。

東京マラソンは、比較的平たんなコース設定から記録が出しやすいとされていて、2年前のこの大会で当時の日本記録を更新した設楽選手は「日本記録を更新しないと話にならない。2年前のようにどんどん自分から揺さぶってみんなが嫌なレースをしたい」と意欲を見せました。

仮に、選考レースで日本記録を更新する選手が出なかった場合は、オリンピック代表の最後の1枠は、去年9月の代表選考レースMGCで3位に入った大迫選手が内定します。

大迫選手と同じ28歳の設楽選手は「同期対決はこの大会の1つのみどころだと思うので、2人そろっていい走りができればいい。緊張感の中で結果を残せるのが本当に強い選手で、100%の準備でスタートラインに立ちたい」と決意を示しました。