四国・善通寺の黒板アートがすごい!

四国・善通寺の黒板アートがすごい!
黒板と聞いて何を思い浮かべますか。たとえば学校の授業で、黒板にチョークで数字を書いた時の、あの感触。黒板の字を消した時に漂うチョークの匂い。そんな、誰もが子どもの頃に親しんだ黒板でアートをつくり、町を盛り上げられないか。黒板専業メーカーがある四国のまちで、地域に新しい風を吹き込もうと駆け回った「みんな」の記録です。(高松放送局記者 谷口碧)

黒板で町おこしの仕掛け人

香川県西部の善通寺市。空海の生誕の地とされ、四国八十八か所霊場の札所の1つ「総本山善通寺」がある歴史ある町として知られています。
玄関口のJR善通寺駅を出ると、目に飛び込んでくるのは、いくつもの黒板。空海や五重塔、市内を走る電車など、善通寺市にゆかりの深い人物や風景が色とりどりのチョークで描かれています。

この“黒板アート”が設置されたのは去年9月。現代アートの祭典の開催にあわせて、町の魅力を知ってもらおうと設置されました。

企画したのは善通寺市商工観光課の職員です。その中心になっているのが中川裕太さん(34)。黒板アートによる町おこしを仕掛けています。中川さんは、誰もが懐かしさを覚える点と、時とともに変化していく点が黒板アートの魅力だと言います。
中川裕太さん
「黒板は小学校や中学校で誰もが触ったことがあります。黒板アートは、作品が完成した時はすごく鮮やかできれいですが、それがどんどん朽ちていってしまう。出来上がったその瞬間から美しかったものが消えていくという“はかなさ”が黒板アートの素晴らしいところです」

黒板の産地を生かしたコンテスト

善通寺市内には、香川県内でただ一つの黒板専業メーカー「いわま黒板製作所」があります。昭和11年に創業し、年間で1600枚以上の黒板を出荷する老舗のメーカーです。

大阪出身の中川さんは、国の制度である地域おこし協力隊に応募し、去年の春に善通寺市の非常勤職員に。着任早々、注目したのが、この黒板メーカーの存在でした。

卒業式のシーズンに毎年話題になる黒板アートを生かして町おこしができないか。中川さんは、市内に黒板メーカーがあることが“武器”になると感じたといいます。

そこで企画したのが、高校生に街頭で黒板アートを制作してもらい、優れた作品を表彰するコンテスト。使う黒板は、いわま黒板製作所から提供してもらいました。

県内の高校生にコンテストへの参加を募ったところ、およそ30人が参加。去年9月、市役所前に設置された黒板で生徒たちが制作に挑みました。
制限時間は3時間。チョークを水に溶かして絵の具のように使って描いたり、粉にして吹き付けたりと、楽しみながら作るユニークな制作風景に地元の人や観光客も集まってきました。
完成したのは、ふるさとを思う気持ちを表現しようと大きな瞳の中に総本山善通寺の五重塔を描いた作品や、過去から未来へと向かう町の歴史を表現しようと、昭和のレトロな雰囲気が残る善通寺市の町並みの中から電車が飛び出してくる作品など、10の力作。参加した生徒からは「楽しかった」という声が聞かれ、中川さんたちは手応えを感じたといいます。
中川裕太さん
「それぞれの絵に各チームの個性が出ている。何をどう書くか、準備する段階から勝負が始まっていたともいえ、かなりいい大会になった」

“動く!?黒板アート”

黒板アートの街で、高校生から出てきたあるアイデアが、実を結びました。黒板を動かして何千枚もの写真を撮影し、アニメーションのように動画に編集して公開することで善通寺市の魅力を世界に知ってもらおうというのです。
善通寺第一高校デザイン科の3年生30人が提案し、去年の春から制作を始めました。制作にはさまざまな工夫がこらされました。
たとえば、戦前に社交場として建造された国の重要文化財「旧善通寺偕行社」でかつて行われた社交ダンスを描こうと、ダンス教室を訪ねて写真を撮り、プロジェクターで黒板に投影。生徒たちが自らスカートをはいて、スカートが舞い上がる様子を互いに観察しあって描きました。

れんが造りの旧陸軍の倉庫を前に黒板に絵を描いた時には、通りかかる地元の人たちから声をかけられ、交流が深まったといいます。黒板に絵を描いては、市内を走りまわって写真を撮影。
夏には撮りためた写真のデータが暑さで消えるトラブルにも見舞われましたが、それを乗りこえ、10か月をかけて撮影した写真はおよそ4700枚にものぼります。その中から厳選した1422枚を編集し、1本の動画を作りました。その過程で、生徒たちは黒板アートの奥深さにひきこまれたといいます。
制作した男子生徒
「チョークを横にしたり、立てたり、自分で削ったり、粉にしたりと、チョークの形によって違う表情が出せるのが面白いところです。作品を見て、舞台となっている善通寺の場所がどういう場所だったか知ってもらえるとすごく嬉しい」

動画のできは?

1月、いよいよお披露目の日。善通寺第一高校に地元の人や在校生およそ70人が集まって発表会が開かれ、中川さんも駆けつけました。会が始まる30分前に到着した私は、担当の先生の言葉に驚きました。「実はまだ完成していないんです」生徒たちはぎりぎりまで妥協せず制作に取り組んでいたのです。作品の質を高めることへの情熱を感じました。
およそ2分半の動画。すごくないですか?私はびっくりしました。旧陸軍の馬にまたがる女子高校生が市内を駆けまわる様子や、空海が龍神を呼んで善通寺に雨を降らせた伝説を、黒板の絵で表現しています。生徒が作曲した音楽や、市内で録音した電車の音や善通寺の鐘の音も聞こえてきました。上映後には会場に集まった人たちから大きな拍手が沸いていました。
制作した女子生徒
「何枚も何枚もボツにしながら黒板に絵を書いて、動画に組み込むのは大変でしたが、楽しんでもらえてすごく良かった」
中川裕太さん
「夢は全国の人たちに善通寺市で黒板アートを描いてもらうことです。古代からの歴史のあるまちと、黒板という懐かしさを感じるものを1つにして、新たな観光資源として世の中に発信していきたい」

善通寺市を“黒板の町”に

善通寺市を“黒板の町”として売りこみたい。取材を通じて中川さんたちや高校生たちの熱い思いを感じるようになりました。動画作品は動画投稿サイトに公開され、誰でも見ることができます。

市民の間からは、ことしもコンテストが開催されることを期待する声や、商店街の店の看板を黒板アートにするアイデアも出ているということで、盛り上がりを感じます。

コンテストで作られ市内に展示されている作品の裏側には完成直後の写真が貼られ、見比べることができますが、色落ちした作品には完成直後にはない、なんともいえない魅力があります。これが、中川さんの言う“はかなさ”なのかもしれません。

黒板アートという新しい風が吹き込むことで、歴史ある町がどう変わるのか、注目していきたいと思います。
高松放送局記者
谷口 碧
平成28年入局
遊軍として経済や文化などを担当
最近、うどん屋巡りにハマっています