淡路島男女5人殺害事件 死刑判決取り消し無期懲役 大阪高裁

淡路島男女5人殺害事件 死刑判決取り消し無期懲役 大阪高裁
5年前、兵庫県淡路島の洲本市で近所の住民5人をナイフで刺して殺害した罪に問われた45歳の男について、2審の大阪高等裁判所は「責任能力が著しく低下した心神耗弱の状態だった」と判断して1審の死刑判決を取り消し、無期懲役を言い渡しました。裁判員裁判で言い渡された死刑判決が取り消されたのは7件目で、いずれも無期懲役が言い渡されています。
兵庫県洲本市の平野達彦被告(45)は平成27年3月、自宅近くに住んでいた二家族の男女5人をナイフで刺して殺害したとして殺人などの罪に問われました。

1審の裁判員裁判は「被告は長期間の向精神薬の服用による精神障害があったものの犯行には大きな影響がなかった」とした精神鑑定の結果を踏まえ、完全な責任能力があったと判断し、死刑を言い渡していました。

被告側が控訴して行われた27日の2審の判決で、大阪高等裁判所の村山浩昭裁判長は「1審段階までの精神鑑定は薬物の使用をやめたあとも妄想などの症状が続いていることを説明できず信用できない」と指摘しました。

そして2審で新たに行われた精神鑑定が被告には「妄想性障害」があり、犯行に大きな影響を与えたとしたことを踏まえ「犯行当時、責任能力が著しく低下した心神耗弱の状態だった」と判断して1審の死刑を取り消し、無期懲役を言い渡しました。

検察「判決内容を精査し適切に対応」

また、大阪高等検察庁の畝本毅次席検事は「判決内容を精査し、適切に対応する」とコメントしています。

裁判員裁判の死刑判決取り消し 7件目

裁判員裁判による死刑判決が取り消されたのは今回で7件目で、いずれも2審で無期懲役が言い渡されています。

この中には、今回の裁判と同様、犯行当時の責任能力の程度について1審と2審で判断が分かれたケースもあります。

平成27年に埼玉県熊谷市でペルー人の被告が6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた裁判は1審の裁判員裁判が完全責任能力を認めて死刑を言い渡したのに対し、2審の東京高等裁判所は去年12月の判決で、「心神耗弱」の状態だったと判断し無期懲役を言い渡しました。

刑法と責任能力の判断

刑法39条は犯行当時、「心神喪失」の状態だった場合、刑事罰を科すことができないと定めています。

精神的な病気などの影響で、本人に善悪を判断し、行動を制御する能力、つまり責任能力がなかったとされるからです。

また責任能力が著しく低い「心神耗弱」の状態だった場合は刑を軽くすることを定めています。

このため責任能力が争いになることが予想される裁判では、あらかじめ専門の医師などによる精神鑑定が行われることが少なくありません。

鑑定では通常、事件当時の精神障害の有無や犯行に与えた影響について医師の意見がまとめられます。事件によっては別の医師による鑑定が複数回行われ、異なる診断結果や見解が示されることもあります。

裁判所は、医学的な見地で示された鑑定の結果を参考にしつつも「心神喪失」や「心神耗弱」に該当するかどうかは法的な判断だとして責任能力の有無や程度はみずから認定しています。

今回も異なる精神鑑定

平野被告には事件当時の精神障害の有無や犯行に与えた影響を調べる精神鑑定がこれまで3回行われました。

まず起訴される前後に2人の医師によって2回行われ、いずれも被告は向精神薬の「リタリン」を長期間、大量に服用したことで犯行当時は「薬剤性精神病」という病気だったとされました。鑑定した2人の医師は1審の裁判員裁判で被告の犯行前の生活の様子や逮捕時の落ち着いた言動から病状はそれほど悪化しておらず、犯行に大きな影響を与えていないと証言しました。こうした証言を踏まえ1審は被告が犯行当時、心神喪失や心神耗弱の状態だった疑いはなく、完全な責任能力があったと判断しました。

これに対し2審の大阪高等裁判所の村山浩昭裁判長は、裁判所が選んだ別の医師による精神鑑定を改めて行う必要があると判断しました。

3回目となった鑑定でこの医師は被告について「妄想性障害」という別の病気だったと診断しました。そして病気が犯行に与えた影響について「犯行当時、被害妄想の圧倒的な影響下にあった」として前の2回の鑑定とは異なる見解を示していました。

平野浩之さん遺族「判決に驚き絶望」

事件で殺害された5人のうち、平野浩之さん(当時62)の一家3人の遺族が代理人を通じてコメントを出しました。

この中で遺族は「判決には、ただただ驚き絶望しました。責任能力に関する法律の定め自体、私たちには理解しがたいものがありますが、裁判所も認定しているとおり被告は人を殺すと逮捕されて裁判にかけられることは分かっていました。錯乱していたとか身を守る必要があると思い込んだとか、そんな事情はありませんでした。被告は、妄想で勝手に人を恨んで復しゅうとして犯行に及んだのです。恨んだ前提が正しかろうが妄想だろうが、罪になると分かって人を殺したのであれば刑を軽くする必要などないはずです。1審では裁判官と裁判員が、私ども遺族の意見も踏まえ懸命に検討し、刑を軽くする必要はないと判断されたのです。そのような判断を高裁が新しく証拠を集めてまで否定して被告を守ることは、裁判員制度の趣旨を台なしにするものと思います。検察官には、ぜひとも上告していただき覆してもらいたいです」と話しています。

平野毅さん遺族「到底納得がいかない」

この事件で殺害された5人のうち、平野毅さん(当時82)夫婦の長女と孫が代理人を通じてコメントを出しました。

この中で長女と孫は「本日の判決には、到底納得がいきません。われわれ遺族としては親族を殺され、およそ5年もかけて審理を重ねたあげく、死刑ではなく無期懲役であると判断されても全く受け入れることはできません。地方裁判所で長期間かけて裁判員を交えて評議した結論を高等裁判所において別の鑑定人の鑑定結果のほうが信用できるなどという理由で覆し、5人もの尊い生命を奪った被告を死刑にしないという結論は、余りに非常識だと思います。検察庁には上告していただき、最高裁の判断を仰いでいただきたいと考えております」と話しています。