群馬 桐生 拳銃で撃たれ51歳男性が死亡 殺人事件として捜査

群馬 桐生 拳銃で撃たれ51歳男性が死亡 殺人事件として捜査
k10012258441_202001250716_202001250722.mp4
24日夜、群馬県桐生市のアパートの駐車場で51歳の男性が血を流して倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが死亡しました。警察は、男性の頭と腹に拳銃で撃たれた痕があったことから殺人事件として捜査しています。
24日午後7時ごろ、桐生市天神町のアパートの駐車場で男性が血を流して倒れているのが見つかり、市内の病院に搬送されましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。

警察によりますと、男性はこのアパートに住む職業不詳の喜原啓祐さん(51)で、頭と腹に拳銃で撃たれた痕があったということです。

近所の住民が「拳銃の発砲音のような音が数回した」と話していて、複数の男が言い争っている様子や現場から走り去る男を目撃していたということです。

警察は喜原さんが何者かに撃たれたとみて殺人事件として捜査するととともに、現場から走り去った男の行方を追っています。

現場はJR両毛線の桐生駅から北東に3キロほど離れた住宅地で、近くには群馬大学の桐生キャンパスがあります。