デジタル通貨「利便性だけでなく信用性確保を」麻生財務相

デジタル通貨「利便性だけでなく信用性確保を」麻生財務相
日銀がヨーロッパ中央銀行などと紙幣や硬貨に替わる電子的な通貨・デジタル通貨の研究に乗り出したことについて、麻生副総理兼財務大臣は、デジタル通貨を発行した場合の利便性だけでなく、国の通貨としての信用性をどう確保するかについても研究するべきだという認識を示しました。
日銀は、中国で発行の準備が進んでいるデジタル通貨について、技術的な課題などを洗い出すため、ヨーロッパ中央銀行などとグループをつくり、本格的な研究に乗り出しました。

これについて麻生副総理兼財務大臣は、24日朝の閣議のあとの記者会見で、現時点でデジタル通貨を発行する計画はないとしたうえで、「いま使われているお金は送金に手間がかかるとか手数料が高すぎるという話があるのに比べて、デジタル通貨は便利になるとか簡単になるということが背景にあると思う」と述べました。

そのうえで、「信用性というものをいろいろ考えないといけない。仮にも中央銀行がデジタル通貨を出すとなれば、信用通貨でないと具合が悪い」と述べ、利用者にとっての利便性だけではなく、国の通貨としての信用性をどう確保するかについても十分考えながら研究するべきだという認識を示しました。