新型ウイルス肺炎 中国の広い範囲に感染拡大 患者200人超

新型ウイルス肺炎 中国の広い範囲に感染拡大 患者200人超
中国の湖北省武漢で新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎が相次いでいる問題で、武漢以外に北京や南部の広東省でも初めて患者が確認され、患者はすでに200人を超えました。中国国内では東部の浙江省でも感染の疑いが発表されるなど、広い範囲に感染が拡大しています。
中国湖北省武漢の保健当局は20日、新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の患者が、19日と18日の2日間に武漢で新たに136人確認され、このうち1人が死亡したと発表しました。この結果、この肺炎での死者は3人になりました。

武漢で確認された患者はこれまでに198人にのぼり、このうち危篤状態の患者が9人で、さらに35人が重症だということです。

一方、北京と広東省の保健当局は20日、北京で2人、広東省深※センで1人の患者が確認されたとそれぞれ発表しました。中国の当局が武漢以外での患者を発表したのは初めてです。

中国国内で確認された患者はすでに200人を超え、このほか東部の浙江省の保健当局も5人が感染の疑いがあると発表するなど、中国国内の広い範囲に感染が拡大しています。

中国政府でこの問題を担当する国家衛生健康委員会は、今のところ予防や抑制は可能だとしていますが、感染経路を完全に把握できていないとして、今後もウイルスの遺伝子の変異がないかを含め監視する必要があるとしています。

中国では今週24日から旧正月の「春節」にあわせた大型連休が始まり、人の移動が増えるだけに、感染の一層の拡大が懸念されています。

※センは「土」へんに「川」

中国外務省「各国と意思疎通し 安全維持」

新型コロナウイルスによるとみられる肺炎が相次いでいることについて、中国外務省の耿爽報道官は20日の記者会見で「中国は責任ある態度でWHO=世界保健機関や関係各国に対して病気の発生状況をすぐ通知しており、密接な意思疎通を保っている」と述べ、積極的な情報公開を行っていると強調しました。

そのうえで「他国で感染が疑われるケースが発生したら、中国は共同で監視を強化し、感染拡大を防止していくことを積極的に受け入れる。中国は各国とともにこの病気の対応に当たり、地域や全世界の衛生上の安全を維持していく」と述べました。

中国では2003年に新型肺炎「SARS」が猛威をふるった際、政府の情報公開が遅れるなどして国内外から批判を浴びたことから、中国政府としては各国と協調的な姿勢を示し、適切に対応していると強調するねらいがあるとみられます。

「春節」で人の往来活発に 拡大を心配する声も

中国では、今週24日から旧正月の「春節」にあわせた大型連休を迎えるため、各地で出稼ぎ労働者などの帰省ラッシュが本格化していて、人の往来が活発になっています。

このうち北京の駅では、大きな荷物や土産物を手にした人で混雑していて、多くの人が今回の肺炎についてはあまり知らないなどと話す一方、感染のさらなる拡大を心配する声も聞かれました。

内モンゴル自治区から北京を訪れた19才の女性は「病気について少し心配しており、誰もが感染する可能性があると思っています。駅では移動する人が多いので感染が広まる可能性があると感じています」と話していました。

また、女性の母親も「今回の肺炎についてとても心配しています。効果的に抑え込まれることを望んでいますが、病気がさらにまん延すれば非常に怖いです」と話していました。

一方、18才の男性は「北京でも感染が確認されたと聞き、自分の身は自分で守りたいと思います。仮に病気が北京でもまん延したら中国政府が必ず適切な対応をとり、抑え込むと思います」と話していました。

新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎について、中国政府が「抑え込むことができる」などと強調していることもあり、よく知らないと話す人が多く見られました。

中国共産党系のメディア「隠蔽繰り返すな」

中国共産党系のメディア「環球時報」は20日付けの社説で「今回の感染拡大は2003年の新型肺炎を思い起こさせ、国民の関心も徐々に高まっている」と指摘したうえで「当時の感染拡大初期に見られた情報の隠蔽を絶対に繰り返してはならない」と強調しました。

そして「政府は関係する情報のすべてを必ず国民に知らせるべきで、春節の雰囲気を壊さないようになどと配慮して情報を抑え込むなら、かえって政府の信頼を大きく損ね、一層の社会不安を誘発することになる」として、情報公開を強化すべきだという考えを強調しています。

社説は政府内で一層の情報公開を求める声が高まっていることを示しているとみられますが、これまでのところ保健当局は記者会見を一度も行わないなど、国民に向けた情報提供が不十分だという指摘も出ています。

武漢発の旅客機内で体温検査

中国共産党系のメディア「環球時報」の英語版はツイッターで、中国の武漢からマカオに向かった中国国際航空の機内で体温検査が行われている様子を映像で伝えました。

映像では、マスクをつけた担当者が乗客一人一人の額に検査器具をかざして高熱の人がいないかチェックしている様子が確認できます。

北京の有力紙「新京報」の電子版はマカオの衛生当局の話として、武漢からマカオに到着するすべての便について、到着した際に機内で体温検査を行っていると伝えています。

専門家「日本でも患者が増える可能性も」

海外の感染症に詳しい東京医科大学の濱田篤郎教授は中国やアジア各地で新型肺炎「SARS」の感染が拡大した2003年と比べると、日本を訪れる中国人がおよそ20倍になっているほか、今週からは中国の旧正月「春節」に入って多くの人が移動するとして「日本でも患者が増える可能性があり、注意が必要だ」と指摘しています。

また濱田教授は中国で新型コロナウイルスの患者の報告が増えていることについて「感染の中心となっている武漢の『海鮮市場』を訪れていない人も感染しており、限定的ではあるがヒトからヒトに感染するものとみて、対策に当たる時期に来ている」としたうえで「武漢だけでなく、中国に滞在していた患者の感染に注意するなど、国などの関係機関も柔軟に対策を切り替えていく必要がある」と強調しました。

さらに日本国内での備えについて「過度に恐れる必要はないが、手洗いやマスクの着用、人混みを避けるなのどの予防対策をこれまで以上に徹底するほか、春節に伴って中国から帰国する人は1日2回体温を測るなど、体調の異変に気を配ってほしい。37度5分以上の発熱が出たら中国での滞在歴を告げたうえで、必ずマスクをして医療機関を受診してほしい」と話しています。