伝統の「湯かけ祭り」で無病息災を祈る 川原湯温泉 群馬

伝統の「湯かけ祭り」で無病息災を祈る 川原湯温泉 群馬
k10012251801_202001201147_202001201149.mp4
この春、完成予定の群馬県長野原町の八ッ場ダムに沈み、近くの高台に移転した川原湯温泉で、伝統の「湯かけ祭り」が、20日朝行われました。
この祭りは、今からおよそ400年前、川原湯温泉の源泉が枯れたためニワトリを奉納して祈ったところ再び湯が湧き出し、住民たちが湯を掛け合って喜んだのが始まりとされています。

20日は、気温が0度を下回る冷え込みの中、午前5時ごろから源泉をくみ上げる儀式が行われ、紅白の下帯姿の地元の男性たち、およそ60人が「お湯湧いた」から転じたとされる「お祝いだ」ということばを叫びながら、激しく湯を掛け合いました。

そして最後に、中にニワトリが入れられたくす玉を、湯を掛けて割って温泉の恵みに感謝するとともに、ことし1年の無病息災を祈りました。

ことし成人式を迎えたという参加者の男性は「令和最初の、湯かけ祭りに参加できて最高でした。川原湯も、どんどん新しくなるので、自分たち若い世代が町を盛り上げていきたいです」と話していました。