卓球全日本選手権女子ダブルス 伊藤・早田ペアが3連覇

卓球全日本選手権女子ダブルス 伊藤・早田ペアが3連覇
卓球の全日本選手権は女子ダブルスの決勝が行われ、伊藤美誠選手と早田ひな選手のペアが大会3連覇を果たしました。
大阪市で開かれている卓球の全日本選手権は大会6日目の18日、男女ダブルスの準決勝と決勝が行われました。

女子で3連覇を目指した、ともに19歳の伊藤選手と早田選手のペアは準決勝をストレート勝ちして、決勝では去年と同じ顔合わせとなる芝田沙季選手と大藤沙月選手のペアと対戦しました。

伊藤選手と早田選手のペアは第1ゲーム、早田選手の強烈なフォアハンドや伊藤選手のバックハンドで得点を重ねて11対3と圧倒し、第2ゲームは伊藤選手のスマッシュを軸とした速攻を軸に11対9で取って2ゲームを連取しました。第3ゲームは奪われましたが、第4ゲームでは早田選手の鋭いレシーブで相手の体勢を崩したあと伊藤選手がスマッシュを決めるなど、息の合ったコンビネーションで11対8で制し、ゲームカウント3対1で勝って大会3連覇を果たしました。

伊藤選手はミックスダブルスに続いて今大会2種目の優勝で、史上初となる3年連続3冠を目指し、19日の女子シングルス準決勝でペアを組んだ早田選手と対戦します。

一方、男子ダブルスの決勝では大学生の三部航平選手と及川瑞基選手のペアが高校生の戸上隼輔選手と宮川昌大選手のペアにゲームカウント3対2で勝って初優勝を果たしました。

伊藤 「試合するごとに自分たちの実力が上がった」

卓球の全日本選手権女子ダブルスで3連覇を果たした伊藤美誠選手は、「自分たちのプレーを出せて楽しんで試合ができた。この大会で半年以上ぶりにペアを組んで初戦からすごく接戦だったが、試合をするごとに自分たちの実力が上がっていることも分かった。毎試合毎試合楽しくて、これでダブルスの試合が終わっちゃったなという感じで楽しかったので、まだまだ試合がしたい」と笑顔で話していました。

ペアを組む早田ひな選手は、「本当に楽しく試合ができたし、1ゲームは取られたが4ゲーム目は修正して“みまひな”らしいプレーができた。去年4月の世界選手権以来、ペアを組んだが、個人個人の実力が上がってきた分、最初の練習からマッチしていた。試合ごとにどんどん自分たちらしさが戻ってきて最後の決勝をいい形で終わることができた」と試合を振り返りました。

19日女子シングルスの準決勝で直接対決することについて早田選手は、「2人でいいプレーを見せられるように頑張りたいと思うし、1本1本集中してプレーしたい」と話しました。

伊藤選手はミックスダブルスでも3連覇していて、史上初の3年連続3冠に向けて、「毎試合毎試合、目の前の試合をやりきるという目標を立てていたので、あすのシングルスの準決勝もしっかり自分らしくプレーをして楽しんで試合をしたい」と意気込んでいました。