18日昼前にかけ 関東甲信の平野部で積雪も

18日昼前にかけ 関東甲信の平野部で積雪も
低気圧の影響で、関東甲信は18日昼前にかけて雪や雨が降り、山沿いを中心にまとまった雪となるほか、東京23区を含む関東の平野部でも、雪が積もるところがある見込みです。18日は、大学入試センター試験の初日で、気象庁は「最新の気象情報を確認し、時間に余裕を持って試験会場に向かってほしい」としています。
気象庁によりますと、18日にかけて低気圧が発達しながら関東の南岸を進み、関東甲信の上空1500メートル付近にはマイナス6度前後の寒気が流れ込む見込みです。

このため関東甲信ではこれから18日昼前にかけて雪や雨が降り、山梨県や、関東の山沿いを中心にまとまった雪となるほか、東京23区を含む関東の平野部でもうっすらと積もるところがある見込みです。

18日夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで山梨県で20センチ、関東の山沿いで10センチ、関東の平野部で5センチ、東京23区で1センチと予想されています。

予想よりも気温が低くなった場合などには、関東の平野部で雪が積もる範囲が広がる可能性もあります。

気象庁は、積雪や路面の凍結などによる交通への影響に注意するとともに、受験生には「最新の気象情報を確認し、時間に余裕を持って試験会場に向かってほしい」としています。