愛犬たちがピンチ 輸血用血液が足りない!!

愛犬たちがピンチ 輸血用血液が足りない!!
「至急、輸血が必要」病気になった犬を救いたい飼い主からの切実な呼びかけがSNS上にあふれています。動物医療の現場ではいま、犬の血液が不足して愛犬を守れない事態が起きているのです。(山形局記者 後藤岳彦)

ネット上で「血液求む」

「至急、輸血が必要」「血液がない、助けて」「中型犬から大型犬で、輸血にご協力いただける方を探しています」今、病気で苦しんでいる犬の飼い主からのこうしたツイートをSNS上で見かけることが多くなりました。

手術に欠かせない血液

動物医療の現場で何が起きているのか。山形県天童市にある天童動物病院を訪ねました。
去年12月上旬、飼い主とともに病院を訪れた3歳の小型犬は重い貧血を患っていました。そのため、原因となっている「ひ臓」の摘出手術が行われました。
手術で欠かせないのが輸血用の血液です。事前にほかの犬から採血した血液で、手術は無事に終わりました。
(栗田院長)
「輸血しなければ手術できませんでした。輸血しなければ命を落とすことになっていたのではないでしょうか」

輸血したくてもできない

天童動物病院の手術件数は犬と猫を合わせて1年間におよそ1000件。交通事故や重度の貧血など、さまざまな手術で輸血が行われています。
このうち本来、輸血が必要な手術はその1割にあたる100件に上ります。しかし、実際にはその1割の10件ほどしか輸血できていないといいます。栗田院長は「いつも血液を確保できるわけではなく、自転車操業の状態です。輸血できずに救えなかった命もあります」と、厳しい血液確保の実情を打ち明けました。

動物病院がみずから確保

犬の輸血用血液はどう確保するのでしょうか?人間のように「血液を集めて供給する仕組み」はなく、病院みずから確保しなければなりません。
動物病院はそれぞれ、血液量が多く健康な「大型犬」をドナーとして事前に登録。ドナーに登録する犬は、動物病院に通う飼い主などに協力してもらっています。天童動物病院では1歳から7歳までの体重20キロ以上の大型犬が対象です。多くの動物病院では健康診断や予防接種を無料にするかわりに、手術などで血液が必要なときに提供してもらっています。

血液の確保に苦慮する飼い主

一方、全国各地では飼い主みずから血液を探すケースもありますが血液の確保に苦慮する人が多い実態も見えてきました。
東京都内で飼われていた10歳の犬は、去年11月、血液の病気で命を落としました。飼い主の女性は愛犬の容体が悪化した去年11月はじめ、かかりつけの動物病院を受診。病院では血液の確保が難しいといわれ、みずから血液を提供してくれる犬を探すように言われ、SNSなどで呼びかけました。その結果、協力したいという犬が見つかりましたが愛犬と輸血する犬の血液が適合せず輸血できませんでした。その後も輸血に協力したいという連絡を受けましたが、遠方に住んでいたり日程があわなかったりしたといいます。
(飼い主の女性)
「輸血しても延命できたかどうかは分かりませんが、いざというときにすぐに輸血できるような制度があればよかったと思います」

延びる平均寿命 輸血ニーズ増

なぜ、輸血用の血液が必要なケースが増えているのか。医療技術の発達などで、犬の平均寿命は大きく延びています。東京農工大学などの調査では、犬の平均寿命は平成2年は8.6歳でした。しかし、平成26年には13.2歳と20年余りで1.5倍以上延びました。

寿命が延び、医療技術も発達する中で、人と同じように犬にもさまざまな病気が見つかり、その病気を手術によって治すことも可能な時代になってきました。手術するケースも増え、それに欠かせない輸血用の血液が今、不足する事態に陥っているのです。

小型犬の増加で血液不足に

なぜ輸血用の血液が不足するのか。背景には飼育する犬に変化が起きていることがあります。以前はゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリーバーなどの大型犬が人気でしたが、最近は飼いやすさなどからトイプードルやチワワといった小型犬を飼う人が増えています。

ドナーに登録する大型犬の数が減り、血液の確保が難しくなっているのです。平成23年からドナー登録を始めた天童動物病院でも、多いときにはおよそ15頭のドナー犬がいましたが、いまでは9頭にまで減っているといいます。
以前は病院内の冷蔵庫に輸血用の血液が保存されていましたが、いまは血液を確保してもすぐに手術で使ってしまうため、在庫はほとんどありません。

病院みずから飼育 特別な役割

こうした中、別の方法で血液を確保している動物病院もあります。奈良市にある中山獣医科病院では40年近く、大型犬を飼育してきました。
現在も3頭の大型犬を飼育しています。ふだんは病院の中を元気よく走り回り、獣医師やスタッフの癒やしの存在ですが、手術などの緊急時には特別な役割を担っています。輸血が必要になった時に、この3頭から採血し、血液を確保しているのです。
(中山会長)
「病院の大型犬は多くの命を救ってきました。私が病院を開業した40年前と比べて犬や猫の寿命は3倍になっていて、輸血が必要な機会はさらに増えると思います」

輸血できないケースも

さまざまな方法で動物病院は輸血用の血液を確保していますが、血液を確保しても輸血が受けられない場合もあります。
犬の血液型は13種類以上あると言われていますが、血液型が異なっても、輸血できるケースがある一方で輸血できないケースもあります。そのため、最終的には輸血する血液が適合するかどうかは、そのつど、確認しなければならず、簡単にはいきません。

期待高まる人工血液

大切な命を救うにはどうしたらいいのか。中央大学の小松晃之教授は30年近く、人工血液の開発に取り組んできました。
複数のタンパク質を人工的に組み合わせたもので、血液のさまざまな機能のうち、酸素を運ぶという役割に特化して作られています。血液型を問わず投与できるのが強みです。現在、ラットでの試験を終了した段階で、今後、国の許可を受けるための実証実験などを行う予定で10年以内の実用化につなげたいとしています。
(小松教授)
「輸血をして助かるペットの命がどんどん失われているのが現状です。一日でも早く実用化できるように努力していきたい」

海外では献血用の車も

中山獣医科病院の中山正成会長によりますと、アメリカでは、大学の動物病院が市民からの寄付で献血専用の車を購入し、巡回して血液を集めているということです。「ペットがペットを救う、ペットどうしで助け合う」という発想から、献血用の車を走らせて動物病院のスタッフが血液を集める作業をしているのです。
(中山会長)
「輸血で救える命はたくさんあります。緊急時でも輸血用の血液が安定して供給できる体制の構築が必要です」

今できることは

今できることとはどんなことなのでしょうか。まず考えられるのが、各地の病院で行われている「ドナー登録」や「献血」の呼びかけに協力することです。かかりつけの動物病院にまず相談してみる、こうした取り組みこそが愛犬たちを救う「血液不足」への対策の第一歩になるのかもしれません。
山形局記者
後藤岳彦
平成14年入局
福井局 仙台局 ネットワーク報道部などを経て現所属