フィリピン マニラ近郊の噴火 影響長期化のおそれも

フィリピン マニラ近郊の噴火 影響長期化のおそれも
フィリピンの首都マニラ近郊で起きた火山の噴火について、フィリピンの火山観測機関は、噴煙や火山性地震が続いていることなどから、再び大きな噴火が起きる可能性があるとして警戒を続けていて、影響が長期化するおそれも出ています。
フィリピンの首都マニラの南、およそ60キロにあるルソン島のタール火山の火口付近で今月12日、水蒸気爆発とみられる大規模な噴火が起き、当局の観測で噴煙が一時最大で1万5000メートルの高さに達したほか、周辺の地域に大量の火山灰が降りました。

フィリピンの火山観測機関「火山地震研究所」は、噴煙が今もおよそ2000メートルの高さまで上がっているほか、これまでに280回を超える火山性地震が続いているとして、噴火の警戒レベルを上から2番目のレベル4にしています。

フィリピン当局によりますと、避難者の数はこれまでに3万人以上にのぼり、避難所もおよそ200か所開設されています。

火山のあるバタンガス州やカビテ州では、火山灰による健康への影響を考慮して、15日も学校を休校とすることを決めています。

一方、マニラにある日本人学校は15日から再開することにしていますが、火山灰の影響から今週は運動場の利用を中止するなどの措置をとるとしています。

フィリピンの火山地震研究所は、数日以内に再び大きな噴火が起きる可能性があるとして警戒を続けていて、影響が長期化するおそれも出ています。