中国 武漢からタイに観光の女性 新型コロナウイルスに感染か

中国 武漢からタイに観光の女性 新型コロナウイルスに感染か
k10012244081_202001132112_202001132114.mp4
タイの保健省は、中国の湖北省武漢からタイに観光で訪れた60代の中国人女性が新型とみられるコロナウイルスに感染していたと発表しました。
タイ保健省によりますと8日、中国の湖北省武漢から団体旅行でタイを訪れた61歳の中国人女性が空港に到着した際、38度以上の発熱や呼吸器の疾患が確認されたため、医療機関に搬送したということです。

タイ保健省は、武漢で新型とみられるコロナウイルスによる肺炎患者が相次いでいたことから女性から検出されたウイルスを調べたところ中国のものが一致したため、13日、新型とみられるコロナウイルスに感染していたと発表しました。

これを受けてWHO=世界保健機関も13日、タイで検出された新型とみられるコロナウイルスは中国のものと同じであることを確認したと発表しました。

女性は、現在医療機関で手当てを受けていて、すでに快方に向かっているということです。

タイの空港では今月3日から武漢から到着する便の乗客を対象に人の体温を映し出すカメラなどを使って確認を強化していたということで、今後も空港での水際対策を徹底することにしています。

専門家「ただちに感染拡大のおそれは低い」

感染症の問題に詳しい東北大学の押谷仁教授は「患者が武漢からの旅行者であることや、ウイルスがヒトからヒトに感染する根拠がないことを踏まえると、ただちに感染が拡大するおそれが高まる可能性は低い」と指摘しています。

そのうえで「たとえば今後、タイの医療関係者に感染が認められれば全く違う問題になる。感染源が特定され、ヒトからヒトへの感染がないと判断できるまで、今後も監視を続けていく必要がある」と話しています。