全国高校サッカー 静岡学園 24年ぶり2回目の優勝

全国高校サッカー 静岡学園 24年ぶり2回目の優勝
全国高校サッカー選手権は決勝が行われ、静岡学園が前回優勝校の青森山田高校に3対2で逆転勝ちし、24年ぶり2回目の優勝を果たしました。
決勝は午後2時すぎから埼玉スタジアムで行われました。

試合はまず、青森山田が前半11分にフリーキックを頭で合わせた藤原優大選手のゴールで先制しました。

さらに、キャプテンでJ1の浦和レッズへの加入が決まっている武田英寿選手が、相手ゴールキーパーの反則を受けてペナルティーキックを獲得し、33分にみずから決めて追加点をあげ、青森山田が2点をリードしました。

一方、静岡学園は、前半終了間際にフリーキックのこぼれ球を中谷颯辰選手が右足で合わせて1点を返し、後半16分にもゴール前でパスを受けたフォワードの加納大選手が、振り向きざまのシュートを決めて同点に追いつきました。

そして、終了間際に中谷選手がフリーキックを頭で合わせて、この日2点目のゴールを決めて勝ち越しました。

静岡学園は青森山田に3対2で逆転勝ちし、24年ぶり2回目の優勝を果たしました。

静岡学園主将「目標の日本一達成 歴史を変えた」

優勝した静岡学園のキャプテン、阿部健人選手は「自分たちのサッカーを出して優勝し、目標にしていた日本一になることができてうれしいです。静岡の歴史を変えることができて、本当によかったです」と話していました。

2得点の中谷「優勝の逆転ゴールは最高」

決勝で2得点をあげる活躍をみせた静岡学園の中谷颯辰選手は「ディフェンスとして0対2となって引け目を感じていたので、前半終了間際の場面で1点を返せることができてよかったです。24年ぶりの優勝につながる逆転ゴールは最高でした。形としては私が得点しましたが、チーム全体のゴールなのでみんなに感謝したいです」と話していました。