自民 二階幹事長 ベトナム首相と会談 関係強化に協力で一致

自民 二階幹事長 ベトナム首相と会談 関係強化に協力で一致
ベトナムを訪れている自民党の二階幹事長は、フック首相と会談し、ベトナムからの技能実習生の受け入れや、人的交流の拡大に向けて、引き続き協力していくことで一致しました。
ベトナムを訪れている自民党の二階幹事長は、12日、中部の観光地、ホイアン近郊でフック首相と会談しました。

冒頭、フック首相は「長年にわたって、二階氏には、両国の関係に多大な尽力をいただいており、改めて評価したい」と述べました。

これに対し二階氏は「代表団を受け入れてもらい、有意義な交流が進んでおり、フック首相をはじめ、ベトナム側の協力に感謝したい」と述べました。

そのうえで両氏は、ベトナムからの技能実習生の受け入れ拡大に向けて、悪質なブローカーの排除に取り組むことを確認しました。

また、若い世代を中心に人的交流の活発化を図るなど、日本とベトナムの関係強化に向けて、引き続き協力していくことで一致しました。

このあと、二階氏は記者団に対し「フック首相から『安倍総理大臣によろしくお伝え願いたい』という丁寧な伝言を承った。すばらしい話し合いができた」と述べました。

二階氏には、経済界や地方自治体の関係者などおよそ1000人が同行していて、13日は観光や投資の促進などに向けたシンポジウムやセミナーを開くことにしています。