オーストラリア 去年は最も暑く乾燥した年に 森林火災にも影響

オーストラリア 去年は最も暑く乾燥した年に 森林火災にも影響
k10012240531_202001100525_202001100630.mp4
森林火災の被害が拡大しているオーストラリアで気象当局が気候に関する報告書を発表し、去年1年間の平均気温は観測史上、最も高かった一方、平均降水量は過去最少で、最も暑くて乾燥した1年だったことが分かりました。報告書では、気候変動が森林火災の危険性を増大させる要因の1つになっていると指摘しています。
オーストラリアの気象当局が9日に発表した気候に関する報告書によりますと、去年1年間の平均気温は平年を1.5度上回り23.3度と、観測史上最も高くなりました。

とりわけ、南半球で夏にあたる去年1月と12月は熱波に見舞われ、12月18日には各観測地点の最高気温の平均が41.9度と過去最高を記録しました。

また、1年間の平均降水量は277.6ミリと平年よりも40%ほど下回り、最も乾燥した1年となりました。

オーストラリアでは南東部を中心に大規模な森林火災が続き、去年9月からこれまでに27人が死亡し、住宅2100棟以上が全焼しました。

気象当局の報告書では、気候変動が熱波や森林火災の危険性を増大させる要因の1つになっていると指摘しています。