レバノン検察 ゴーン被告を「渡航禁止」に

レバノン検察 ゴーン被告を「渡航禁止」に
k10012240511_202001100523_202001100540.mp4
保釈中に中東のレバノンに逃亡した日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告について、レバノンの検察は9日、ICPO=国際刑事警察機構から出された国際手配書などに基づいて本人から事情を聞きました。そのうえで、当分の間、元会長が国外へ渡航することを禁止しました。
レバノンに逃亡した日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告をめぐっては、日本からの要請をうけてICPO=国際刑事警察機構が国際手配しています。

これを受けてレバノンの検察は、9日、首都ベイルート中心部にある司法省の施設でこの手配書などに基づいてゴーン元会長から事情を聞き、当分の間、元会長が国外へ渡航することを禁止しました。

検察は、日本からさらに書類を取り寄せるなどして調べを進めるとしていて、地元メディアは、渡航禁止の期間は、検察が元会長を訴追するかどうか決めるまでの間だと伝えています。

ゴーン元会長をめぐっては、レバノンに駐在する日本の大久保大使がアウン大統領と面会するなど日本政府が事実関係の究明に向けて協力を要請しています。

一方で、ゴーン元会長は8日の記者会見で「レバノンでは、法律が尊重されると信じている」と述べ、日本への身柄の引き渡しにレバノン政府が応じる可能性はないという認識を示しています。

ゴーン元会長 仏パスポートをレバノン検察に提出

カルロス・ゴーン元会長は、9日フランスのニュース専門チャンネル「フランス24」のインタビューに応じ、レバノンの検察から国外への渡航を禁止されたことについて「弁護士から通常の手続きでは捜査があり、その間はパスポートを没収されると説明されていた。予想していたため驚きはない」と述べました。

そのうえでゴーン元会長は、レバノンに入国する際に使ったフランスのパスポートをすでに検察に提出したことを明らかにしました。