小型ロケット打ち上げ成功 宇宙で民生品活用の可能性探る

小型ロケット打ち上げ成功 宇宙で民生品活用の可能性探る
k10012240331_202001091842_202001091848.mp4
宇宙空間で、一般に利用されているカメラや通信技術を使った観測の可能性を探ろうと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が9日夕方鹿児島県肝付町の発射場から打ち上げた小型ロケットについて、JAXAは打ち上げは成功したと発表しました。
JAXAの小型観測ロケット「S-310」45号機は、9日午後5時に肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。

全長8メートル余りのロケットは、高度131キロまで上昇し、宇宙空間を利用して一般に利用されているカメラや通信技術を使った実験が行われました。

具体的には、小型のカメラと通信装置を途中で切り離し、撮影した画像を地上に送るもので、ロケットと離れた位置から自然現象を観測する技術の実証を目指しているほか、民生品活用の可能性を探るのも目的だということです。

JAXAは、午後8時すぎから会見を開き、ロケットから受信したデータを分析した結果、電子機器の正常な作動を確認できたとして、打ち上げは成功したと発表しました。

JAXAの羽生宏人観測ロケット実験グループ長は「小型ロケットを使ったので短時間で準備でき、使い勝手のよさを再認識した。必要なデータをとることができたので今後の研究に生かしたい」と話していました。