米中貿易交渉 第1段階の合意文書に署名へ 中国政府

米中貿易交渉 第1段階の合意文書に署名へ 中国政府
k10012240221_202001091818_202001091827.mp4
中国政府は、貿易問題を担当する劉鶴副首相が、今月13日からアメリカのワシントンを訪問し、両国の貿易交渉をめぐる第1段階の合意文書に署名すると発表しました。
米中両政府は先月中旬、貿易交渉について第1段階の合意に達したと発表し、さらにトランプ大統領は先月31日、ツイッターに今月15日にホワイトハウスで正式な文書に署名すると投稿しました。
これについて中国商務省の高峰報道官は、9日の定例の記者会見でアメリカとの貿易交渉を担当する劉鶴副首相が、今月13日から15日までの日程でワシントンを訪問し、合意文書に署名すると発表しました。

米中の貿易問題をめぐる今回の合意では、中国によるアメリカ産農産品の輸入拡大や、知的財産権の保護の問題などが盛り込まれる見通しです。

ただ、アメリカ側が中国による輸入拡大の規模に言及しているのに対して中国側は、具体的な金額への言及を避けるなど、双方の言い分には、ずれもあります。

また、トランプ大統領が第2段階の交渉を進めるため、中国を訪問する意向を示していることについて、高報道官は「今のところ、お伝えできる情報はない」と述べるなど、今後の交渉への姿勢にも隔たりがあり、今回の正式な合意文書がどこまで具体的なものとなるのかに関心が集まっています。