ボートレースで元選手が順位を操作 現金授受などの疑いで逮捕

ボートレースで元選手が順位を操作 現金授受などの疑いで逮捕
去年行われたボートレースで、わざと負けたり順位を操作したりした見返りに、親族から現金300万円を受け取ったとして、名古屋地検特捜部は、日本モーターボート選手会の三重支部に所属していた元ボートレーサーと親族の男を逮捕しました。
逮捕されたのは、日本モーターボート選手会の三重支部に所属していた元ボートレーサー、西川昌希容疑者(29)と、親族で津市の会社員、増川遵容疑者(53)の2人です。

名古屋地検特捜部によりますと、西川容疑者は現役のレーサーだった去年7月、大津市の「琵琶湖モーターボート競走場」で行われた2つのレースで、わざと負けたり順位を操作したりして、舟券が当たった増川容疑者から報酬として現金300万円を受け取ったとして、モーターボート競争法違反の贈収賄などの疑いが持たれています。

増川容疑者は、1着から3着までを順位どおりに当て、高配当が出やすいとされる「三連勝単式」の舟券を購入していて、2つのレースのオッズは50倍と57倍だったということです。

選手は、不正防止のためレース前に外部と連絡を取ることが禁じられていますが、特捜部によりますと、西川容疑者は何らかの方法で増川容疑者と連絡を取り合っていたとみられるということです。

西川容疑者は平成21年にデビューし、三重支部のホープとされていましたが去年9月に引退していました。

特捜部は2人の認否を明らかにしていません。