炭坑節×ラテン 世界が注目する民謡とは?

炭坑節×ラテン 世界が注目する民謡とは?
日本で古くから歌い継がれてきた、炭坑節やソーラン節などの「民謡」。今、その民謡をラテン音楽など世界のリズムに乗せた斬新なスタイルで演奏し、海外からも注目を集めるバンドがあります。

名前は「民謡クルセイダーズ」。

彼らの音楽の原点にあるのは、民謡をもう一度“民の歌”にしたいという思いです。国境を越えて人々を踊らせる、新しい民謡の姿とは。(科学文化部記者 河合哲朗)

民謡と世界のリズム

まずは、こちらのライブ映像をご覧ください。
歌っているのは、福島県に伝わる民謡「会津磐梯山」。

ですが…、注目はその演奏。
激しく打ち鳴らされるパーカッションに、力強く響く金管楽器。まるでラテンバンドのような演奏に、会場の熱も上がります。
熊本県の「おてもやん」は、ちょっと妖しいレゲエ調で歌います。

歌の節回しは元の民謡そのままに、それを世界各国のリズムに乗せて演奏することで、これまでにない新たな民謡へと生まれ変わらせています。

“民の歌”を取り戻したい

2012年に結成された総勢10人のバンド、「民謡クルセイダーズ」。
彼らの活動拠点は、東京・福生の米軍ハウスです。
それぞれ仕事を持つかたわら、週に1回この場所で、にぎやかなセッションを重ねています。
メインボーカルを務めるのは、フレディ塚本さん(53)。この道30年の民謡歌手です。

民謡との出会いは、愛媛県から上京した20代の時。テレビで偶然耳にした民謡に聞きほれ、すぐに教室の門をたたきました。

民謡は、日々の仕事の労働歌や人々の輪をつなぐ座敷唄、地元の風土を歌う唄など、調べられているものだけでも2万曲が存在するとされています。フレディさんは、師匠から多くの歌を教わり、その魅力に夢中になりました。
フレディ塚本さん
「見たこともないはずのかつての日本の風景が、ぱっと頭の中に浮かんできた。そんな音楽はこれまでに出会ったことがなかった」
しかし、民謡を歌うほどに、民謡が置かれている状況に危機感を抱くようになりました。

民謡はかつて、美空ひばりや江利チエミといった昭和の大歌手が各地の民謡を歌うなど、多くの人に親しまれた時代がありました。

高度成長期の東京には、集団就職などで上京して故郷を懐かしむ客が集まる「民謡酒場」が建ち並びました。しかし、時の流れを経て、大衆文化としての民謡は衰退の道をたどっているのが実情です。
フレディさんも、歌う場所といえば、技術を競う大会がほとんどでした。保存・継承のために正確に歌い継ぐことが重視され、一般の人からは遠い歌になってしまっていると感じてきたのです。
フレディ塚本さん
「先生に教わって、それを大会で発表して、審査員がじっと見てチェックする。民謡を大切に守っているからなんですけど、そこに楽しさはあまり感じない。これをなんとかしないととは思いました」
人々の暮らしの中で歌われる“民の歌”としての民謡。それを取り戻したいという思いが、活動の原点になりました。

「誰もが楽しめること」を提案

そんなフレディさんにヒントを与えたのが、ラテン音楽などを演奏してきた、ギターの田中克海さんでした。

同じ福生界わいに住む縁で出会った2人。

民謡とラテンは全く違うものに感じるものの、いずれも暮らしの中で愛された民衆の音楽です。うまく融合させることでこれまでにない音楽が作れると考え、古い民謡のレコードを掘り起こしては、アレンジを試みました。
バンドで最初に演奏したのは、和歌山県の「串本節」。

意外なことに、民謡のメロディーはラテン音楽が持つマイナー調の音階と親和性が高く、田中さんはコロンビアの陽気な音楽「クンビア」に乗せるアイデアを思いつきました。

たどりついたのは、世界のリズムを取り入れることで、今の人たちが一緒に歌い、踊り、楽しめる音楽でした。
田中克海さん
「大衆音楽としての民謡を今やるとしたら“こうだよね”という提案がしたかった。パーティー音楽というか、みんなで楽しめる音楽、誰でも楽しめる音楽にすることが、民謡へのリスペクトにもつながるかなと思っています」

世界を魅了する日本の民謡

こうして誕生した民謡クルセイダーズの新たな民謡。

その評判は海外の音楽関係者の耳にも届き、去年4月、イギリスのレーベルからアルバムを発売して世界デビュー。

そして11月には、初の海外ツアーを実現させました。10日間で巡ったのは、ヨーロッパ6か国・8都市。ほとんどの聴衆にとっては、初めて耳にする日本の民謡です。
田中さんはライブのMCで、英語のカンペを片手に、こう語りかけました。
田中克海さん
「民謡は古い日本のフォークソングです。長い歴史があるけれど、日本ではあまり聴かれなくなっています。僕たちは、その民謡をもういちど取り戻したい」
そして、演奏が始まると…。
日本の民謡が、ことばの壁を越えてヨーロッパの人々を魅了しました。終演後には、観客の笑顔に囲まれたメンバーの姿がありました。

今再び鳴り響く民謡

ヨーロッパツアーを成功させた民謡クルセイダーズ。
帰国後の11月30日に東京で行われた凱旋(がいせん)ライブには、満員の観客が詰めかけました。
この日最後に演奏した「炭鉱節」では、バンドの演奏に合わせて会場中に踊りの輪が広がり、民謡が人々を1つにつなぐ光景が広がりました。
フレディ塚本さん
「口ずさみながら、『おもしろかったね』って、笑いながら帰るような風景にどんどんなればいいなと思います。本当の民謡、“民の歌”になってくれればいいな」
「民謡クルセイダーズ」は、ことし2月には沖縄、3月にはオーストラリアとニュージーランドで行われる音楽フェスティバルに出演することが決まっています。

このバンドの本当の魅力は、音楽の斬新さだけではなく、これまでなかなか知ることのなかった民謡の世界への扉を開かせてくれるところです。
彼らの音楽を聞いて、「かっこいい」「おもしろい」と感じた方は、ぜひ民謡そのものに耳を傾けてみてください。きっとそこには人々をつなぐ豊かな歌の世界が広がっていて、日常の風景が少し変わって見えてくると思います。
科学文化部記者
河合哲朗
平成22年入局
前橋局、千葉局をへて
科学文化部では文芸、音楽、映画、囲碁・将棋まで幅広く取材