ゴーン被告の旅券3通 東京地検が差し押さえ

ゴーン被告の旅券3通 東京地検が差し押さえ
k10012235931_202001051809_202001051811.mp4
日産自動車の元会長のカルロス・ゴーン被告が中東のレバノンに出国した問題で東京地方検察庁が裁判所の令状に基づいて弁護団の都内の事務所で保管されていたゴーン元会長のパスポート3通を差し押さえたことが関係者への取材でわかりました。東京地検は警察などと連携し、元会長が出国した経緯について実態解明を進める方針です。
海外への渡航が禁じられていた日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告(65)は先月30日、中東のレバノンに入国し、東京地方検察庁などは不正な手段で出国したとして出入国管理法違反の疑いで捜査しています。

東京地検はゴーン元会長が使っていた携帯電話の通話記録やパソコンのほか、弁護団が保管しているパスポートなどの任意提出を求めていましたが、5日、裁判所の令状に基づいて弁護団の都内の事務所で保管されていた元会長のフランス・レバノン・ブラジルのパスポート3通を差し押さえたことが関係者への取材でわかりました。

検察からパスポートの任意提出を求められたことについて4日、弁護団の1人の弘中惇一郎弁護士は元会長本人の承諾を得なければ提出できないという考えを示していました。

東京地検はパスポートに記載された出入国の記録などを分析するとともに、警察と連携して捜査を進め、元会長が出国した経緯の実態解明を進める方針です。

NHKの取材に対し弁護団の1人は「きのう、パスポートの任意提出を断ったが、きょう、検察が令状を持ってきたため差し押さえに応じた」と話しています。

茂木外相「関係国や関係機関と連携」

茂木外務大臣は5日夕方、東京都内で記者団に対し「カルロス・ゴーン被告の出国記録は残っておらず、何らかの不正な形で不法に出国したと考えられる。こういう事態に至ったことは極めて遺憾だ。保釈は取り消されており、わが国の刑事手続きが適正に行われるよう関係国や関係機関としっかり連携していきたい」と述べました。