中国 香港の出先機関トップを交代

中国 香港の出先機関トップを交代
香港で抗議活動が続く中、中国政府は香港にある出先機関のトップを交代させたことを発表しました。これについて香港のメディアは、中国の指導部が一連の抗議活動についての出先機関の情勢分析などに不満を抱いていたとする専門家の見方を伝えています。
中国政府は4日、香港にある中国政府の出先機関、「香港連絡弁公室」のトップ、王志民 主任を交代させ、後任を任命したことを発表しました。交代の理由については明らかにされていません。

これについて香港のメディアは、王氏の在任期間が2年余りと異例の短さだったことから、中国の指導部が香港で7か月近く続く抗議活動についての出先機関の情勢分析などに不満を抱いていたとする専門家の見方を伝えています。

王氏はこれまで一貫して、香港政府を支持する立場を表明し、香港政府トップの林鄭月娥 行政長官が先月、北京で習近平国家主席と面会した際にも同席していました。

一方、王氏の後任には中国内陸部の青海省や山西省の共産党委員会書記などを歴任した駱恵寧氏が任命され、中国政府としては、経験の豊かな人材を充てることで、香港政府との連携を強化するねらいがあるとみられます。