ジャカルタで記録的大雨 50人以上死亡 洪水や土砂崩れ相次ぐ

ジャカルタで記録的大雨 50人以上死亡 洪水や土砂崩れ相次ぐ
k10012235551_202001050005_202001050006.mp4
インドネシアの首都ジャカルタ周辺では、大雨の影響で洪水や土砂崩れが相次ぎ、これまでに50人以上が死亡しました。インドネシア当局は今後も大雨が降る可能性があるとして警戒を呼びかけています。
インドネシアの首都ジャカルタでは、先月31日から今月1日にかけて記録的な大雨を観測したほか、その後も断続的に雨が降り続いています。

この影響で日本人が多く住むジャカルタ中心部でも広い範囲で道路が冠水するなどしたほか、ジャカルタ周辺では洪水や土砂崩れが相次いで発生しました。

インドネシアの防災当局は4日、この災害でこれまでに53人が死亡し、1人が行方不明になっているほか、住宅が浸水するなどして避難している住民は17万人以上にのぼると発表しました。

さらに一部の地域では停電が続いていて、関係機関が復旧を急いでいます。

インドネシアはいま雨期に入っていて、再び大雨が降る可能性があることから防災当局が警戒を呼びかけています。

現地の日本大使館は、日本人にけがをした人はいないとしています。