台湾空軍のヘリコプター墜落 参謀総長ら8人死亡

台湾空軍のヘリコプター墜落 参謀総長ら8人死亡
2日午前、台湾空軍のヘリコプターが北東部の山あいに墜落し、台湾軍の制服組トップの参謀総長ら8人が死亡しました。
台湾の国防部によりますと、台湾空軍のヘリコプター「ブラックホーク」が現地時間の2日午前8時すぎ、日本時間の午前9時すぎ、台湾北東部の新北市の山あいで消息を絶ちました。

軍や消防などが捜索を行ったところ、新北市の山あいに墜落し、大きく破損した機体をみつけました。ヘリコプターには13人が乗っていましたが、台湾軍の制服組のトップ、沈一鳴参謀総長ら8人の死亡が確認されました。

ヘリコプターは、台北市の基地を出発して、北東部の基地に向かっていましたが、15分もたたないうちに消息を絶ったということで、軍が詳しい墜落の原因を調べています。

台湾は、今月11日の総統選挙の選挙期間中ですが、再選を目指す民進党の蔡英文総統は、2日の選挙運動を取りやめ対応にあたっています。また、民進党は、2日から3日間、選挙運動を中断することを発表しました。

台湾メディアによりますと、同じタイプのヘリコプターは2年前にも墜落事故を起こして6人が死亡しています。