餅をのどに詰まらせ6人搬送 3人は心肺停止 東京都内

餅をのどに詰まらせ6人搬送 3人は心肺停止 東京都内
k10012233601_202001020621_202001020625.mp4
1日、東京都内では餅をのどに詰まらせて6人が病院に搬送され、少なくとも3人は心肺停止の状態でした。東京消防庁は、餅は小さく切ってゆっくりとかんで食べるよう注意を呼びかけています。
東京消防庁によりますと1日、東京都内では午後9時までの間に餅をのどに詰まらせて、搬送された人は68歳から96歳までの合わせて6人にのぼりました。

このうち少なくとも3人が心肺停止の状態で搬送さたということです。

東京消防庁は、餅を小さく切ってゆっくりかんで食べ、高齢者や乳幼児と食事をする際には、特に注意するよう呼びかけています。

のどに詰まらせたら…

そして、もし餅をのどに詰まらせた人がいた場合、意識があれば、せきをさせたり後ろから胸かあごを支えてうつむかせ、背中をたたいてはき出させたりするなどの対応をとってほしいと呼びかけています。

意識がない場合は速やかに心肺蘇生を行ってほしいとしています。

名古屋市内でも3人が搬送

1日、名古屋市内では餅をのどに詰まらせて3人が病院に搬送され、消防で注意を呼びかけています。

消防によりますと、1日午前8時半すぎ、名古屋市の70代の男性の家族から「餅をのどに詰まらせた」という通報があり、心肺停止の状態で病院に搬送されました。

消防によりますと、1日、市内で餅をのどに詰まらせて病院に搬送された人は、いずれも70代の男性3人で、このうち2人は心肺停止の状態だったということです。