集団食中毒か 広島の高校サッカー部員44人搬送

集団食中毒か 広島の高校サッカー部員44人搬送
関東地方に遠征に来ている広島皆実高校のサッカー部員44人が、31日夜、合宿先のさいたま市でおう吐などの症状を訴えて病院に搬送されました。さいたま市は、集団食中毒の疑いがあるとみて調べています。
さいたま市消防局によりますと、31日夜10時ごろ、広島市南区にある県立広島皆実高校の男子サッカー部員44人が、合宿先のさいたま市の高校でおう吐や下痢などの症状を訴え、病院に搬送されました。このうち7人は症状がやや重いということです。

さいたま市によりますと、夕食の前には体調不良を訴える部員がいたということで、集団食中毒の疑いがあるとみて部員の31日の食事などについて詳しく調べています。

校長によりますと病院に搬送された部員は、1日朝の時点で多くは退院したと報告を受けたということです。

広島皆実高校は、30日に開幕した「全国高校サッカー選手権」の広島代表で、2日の2回戦の試合に出場選手として登録されているチームのメンバーは、東京都内で宿泊していて、全員、健康状態に問題はないということです。