日本への夢 打ち砕かれ 逃げて…そして今

日本への夢 打ち砕かれ 逃げて…そして今
「日本に失望した。来たことに後悔している」
ベトナム人の元技能実習生はそう話しました。年々増加する技能実習生の失踪。ことしも過去最悪を更新した去年並みのペースで増えています。希望を持って来日したはずの若者たちはなぜ失踪するのか。今、どうしているのか。当事者たちに話を聞きました。(社会部記者 森永竜介)

礼儀正しいベトナム人男性 語り始めたのは…

12月初め、失踪したベトナム人の元技能実習生が南関東にいると聞いて会いに行きました。

週末の夜、待ち合わせ場所のファミリーレストランにオレンジ色のダウンジャケットを着て現れたズンさん(仮名 30代)。
礼儀正しくあいさつをして、店の入り口のドアを開けてくれました。

在留カードにはよく似た顔写真と、在留資格・技能実習の文字。
ほかに身元を確認できるものは何も持っていませんでした。

なぜ実習先から逃げ出したのか。聞くと、おびえたような小さな声で話し始めました。
ズンさん
「社長は怒るといつも私たちの目の前で1人の日本人の同僚を殴ってののしりました。私たちが『仕事が大変で給料も少ない』と訴えた時も、その同僚と一緒に呼ばれ、彼を殴りました。私たちを直接殴らなかったのは、実習生の受け入れに当たっている監理団体に連絡されるのを避けるため。精神的な脅しです。今思い出しても恐ろしい。いつか同じ目に遭うのではないかと恐怖を感じていました」

劣悪な住環境・重労働…そして我慢の限界が

ズンさんが来日したのは去年の夏。
日本でとび職の技術を学びたいという夢がありました。

しかし、その夢はすぐに打ち砕かれます。

実習先は都内の建設会社。
まず驚いたのが社員寮として与えられた部屋でした。実習生3人ともう1人、あの殴られていた日本人と4人で同居させられ、「夜はぎゅうぎゅう詰めで寝た」とズンさんは言いました。

さらに仕事では、合わせて60キロもある機材を毎回走って運ばされたり、古い工具が壊れたら自腹で買い替えさせられたり。
月給は契約では11万7000円。
そこから家賃や社会保険料が引かれ、さらに仕事が無いときは強制的に休みにさせられ、給料が減らされることもあったと言います。

そうした中、耐えられない出来事が起きます。
殴られていた日本人のヘルメットにベトナム語で「しもべ」や「下僕」を意味することばが紙に印刷して貼り付けてあったのです。
ズンさん
「ベトナムでは口に出すのもはばかられるようなひどいことばです。恐らく誰かが私たち実習生にも分かるようにインターネットで調べてああいうことをしたのだと思いますが、かわいそうでしかたがありませんでした」

「逃げよう」来日わずか5か月の決断

この話をしたとき、ズンさんは少し涙ぐんでいるように見えました。

そうした状況を日本の監理団体に伝え、なんとか改善するようお願いしましたが、何も対応してくれなかったと言います。

ズンさんたちは後日、こっそりとヘルメットの紙を外しました。

そしてもう1人の実習生と一緒に逃げることを決意。
来日してわずか5か月。
仕事が正月休みに入った頃のことでした。

直ちに強制送還ではないが

活動場所が定められている技能実習生は、失踪すれば不法在留になってしまうはずです。

今後、法的にどういう扱いになるのか。
出入国在留管理庁に問い合わせたところ、「直ちに不法滞在者として強制送還の手続きを取るわけではない」という回答がありました。

監理団体や実習先を調査して、賃金の不払いや実習計画にない仕事をさせるなど、本人の責任ではないところに問題があった場合は、別の実習先でやり直せる可能性もあるのだそうです。

実習生の問題に詳しい指宿昭一弁護士は失踪する理由をこう話します。
指宿昭一弁護士
「失踪者が絶えないのは、多くが本人のせいではない。会社に文句を言うと母国へ帰される。パワハラやセクハラを受けても我慢して働き続けるしかない。その環境から逃れる唯一の手段が失踪なんです。違法状態になるのを承知で最後の最後の手段として失踪する」

実習生受け入れ団体「説明義務ない」

ズンさんの話が事実なら、今回のケースも会社や監理団体の対応に問題があったのではないか。

後日、彼が言う監理団体に電話で取材を申し込みました。
すると、「説明する義務は無い。失踪した実習生を見つけたならオーバーステイだ」という返答。

事実関係を確認することはできませんでした。
ズンさんに話を聞いた翌日、一緒に逃げたもう一人の元実習生と会うことができました。

ホアンさん(仮名 20代)。
失踪後、ベトナムで一緒に日本語を勉強した仲間とSNSで連絡を取り合い、転々としたあと、今は北関東の知り合いの所に身を寄せていると言います。
ホアンさん
「日本は文化的な国だと教わってきたのに現実は全く違った。来たことに後悔しています。来る時に2億ドン(約100万円)借金をしてきました。これまでに25万円仕送りしましたが、ほとんどが家族の生活費で消えてしまい、借金返済には回せていないと思います」

多額の借金をして日本に来た

前日に会ったズンさんも同じでした。
彼らは日本に来るための「渡航費」などとして多額の借金をさせられていたのです。

ホアンさんはベトナムに妻と2人の幼い子どもがいます。

失踪後に仕送りはストップ。
最近になってようやく妻に実習先から逃げたことを打ち明けたといいます。

「奥さんから何か言われましたか?」
そう聞くとことば少なに答えました。
「いいえ、何も。妻は『そうなると心配だね』とだけ」

“失踪ビジネス” 実習生を待ち受ける闇

失踪者が借金を返すために頼っているのが、やはりSNS。
元実習生などが集う、仲間内だけが見られるグループには
「時給1000円でプラスチックの加工業をやりませんか?」
「千葉のお弁当工場で人を募集!深夜は時給1200円で家もあります」などといった求人の書き込みがいくつもあります。

仕事の紹介料は1回3万円から6万円ほど。
在留カードや運転免許証などを偽造しているグループもあると言います。

こうして、元実習生は職を、偽造カードを作る犯罪グループは金を、企業は安価な労働力を、得るという “失踪ビジネス” が成り立つ実態が見えてきました。

しかし、不法就労を可能にする環境は元実習生たちをさらに困難な状況に追い込んでいます。

求人の多くは長くても数か月、短いものでは1週間程度の短期のアルバイト。
仕事を探すたびに紹介料や偽造カードのレンタル料がかかるため、生活するのに精いっぱいで、借金を返すには程遠い状況なのです。

失踪して1年近くがたったホアンさん。
今は無職だと言います。
ホアンさん
「今の不安定な生活がとても不安です。実習生の仲間には悪い会社に当たってしまったと言われました。私はアンラッキーだったんです。できることならもう一度、良い会社で技能実習生として契約書どおりに働きたい。合法的にやり直させてほしい」

対策は十分に機能せず

良い会社に当たればいいけれど、ひどい会社に当たれば耐えるか失踪するしかない。
そんな制度でいいはずがありません。

何か解決策はないのかと調べてみたところ、実習先は正当な理由があれば変更できることが分かりました。
2年前、実習生を違法な長時間労働などから保護するためにできた外国人技能実習機構。
ここに申し立てをして認められれば、実習先を変えてもらうことができるのです。

企業側に賃金不払いなどの違法行為があった場合だけでなく、ズンさんやホアンさんが経験したようなパワハラやいじめなども理由になります。

しかし今の制度になったおととし11月以降、ことし9月までの1年10か月の間に実習先を変えるなど機構が対応した数はわずか83件。
去年、失踪した実習生が9000人以上に上ることを考えると少なく感じます。

しかも会社が倒産するなどして物理的に実習できなくなったケースも含まれ、せっかくの制度があまり活用されていない状況なのです。

2人がこの仕組みを知っていれば逃げなくて済んだかもしれない。
そんな思いが頭をよぎりました。

このままでは日本が…

「日本に失望した、来たことに後悔している」
そう聞いたとき、私はとても悲しい気持ちになりました。

ズンさんとホアンさんは今、失踪者の支援に取り組む人と連絡を取りながら問題解決の道を模索しようとしています。

失踪したベトナム人の実態を調査している神戸大学大学院の斉藤善久准教授に取材で話を伺った時のことばが今も心に残っています。
斉藤准教授
「現状のままではいずれ日本は見放され、人は来なくなるでしょう。外国人技能実習生は単なる労働力ではなくそれぞれが1人の人間なんです」