“農業嫌い”なりんご農家が導入した機械がすごかった

“農業嫌い”なりんご農家が導入した機械がすごかった
中に“蜜”がたっぷりと入った青森県産の甘~いりんご。その味は国内のみならず海外でも評価され、近年は輸出量が急増しています。さぞかし産地は活気づいているだろうと思いきや、そこには日本中の多くの農家が抱えているであろう悩みと同じ、少子高齢化の問題がありました。課題解決に向けたヒントを探りたい。そう思って取材を進めると、世界遺産・白神山地のふもとでわくわくする光景を目にしました。(青森放送局 弘前支局記者 平岡千沙)

りんご王国がピンチ

世話をする人がいなくなり放置されたままになっているりんご園は青森県全体で40ヘクタール余り。年々、増加傾向にあります。こうした“放任園”から発生したりんごの病気が周辺の畑に広がるリスクも各地で高まっていて、産業の将来に不安を感じるりんご農家も少なくありません。

答えを求めて「わさお」の町へ…そこで目にしたものは!?

暗い話ばかりを耳にして次第に取材の足取りが鈍るなか、ある日、農産物の国際的な安全認証「グローバルGAP」を取得しているりんご農家がいるという話を耳にしました。国際認証を取得する意欲がある農家ならば、何か先進的な取り組みをしているに違いない。そんな思いを抱きながら早速、その農家の方に会いに向かいました。

向かったのは白神山地のふもとの鯵ヶ沢町。「ぶさかわ犬」として知られる「わさお」がいることで有名になった小さな町ですが、地元では、「紅玉」という種類のりんごの産地としても知られています。
町の中心部を走る県道をそれて森の中を車で走り抜けること10分余り。広大なりんご園に到着すると、飛び込んできたのはまるでアニメに出てくるロボットのような姿をした車輪付きの大きな機械。真っ赤なボディから何本も伸びる長い腕のようなものが印象的です。
「いったいこれは何だろう…」と困惑しながら、はじめて目にするその姿に思わずわくわくしていました。

楽しく収穫

この機械、最初に種明かしをしてしまうと「手もぎ用収穫機」という名前がついています。その名のとおり、りんごを手でもいで収穫する時に使います。

通常のりんごの収穫では、実を摘むにつれて重くなっていくかごを持ちながらはしごののぼり下りを繰り返します。これ、すごく肩や腰に負担がかかるんです。
でも、この機械があればその負担は全部なくなります。動く台座に乗れば、高いところにあるりんごだって楽々収穫。もいだりんごは腕のように伸びるベルトコンベヤーに乗せれば自動的に大きなかごに放り込まれていきます。

農業の経験が全くない私も体験させてもらいましたが、体への負担を感じることはありません。「非力な私にも簡単にできる!」と楽しく作業をすることができました。

解は機械化にあり

少し紹介が遅くなりましたが、この機械を導入したのはこの道30年以上のベテラン、木村才樹さんです。11人の従業員とともにりんごを育てています。周囲では栽培をやめるりんご農家が相次ぎ、自分のりんご園でも長く働いてくれる人が見つかりませんでした。
「後継者がいないことや若い人が定着しないことが問題。このままだとりんご農家を続けるのが難しいと思いその前になんとかしなきゃならないと」
その解決策として木村さんが考えたのが国内ではまだまだ進んでいない、収穫作業の機械化でした。木村さんのりんご園では、収穫作業に使う機械のほか、りんごの大きさや糖度を判別する機械など合わせて7台の機械が導入されています。人手不足の解消に向け、誰もが作業をできる環境を整えたいと考えたからです。

もっと楽に!

作業環境の整備にあたって木村さんが取り組んだことがもう1つあります。ジュースやジャムなどに使われる加工用のりんご栽培に特化することです。

生のまま食べるりんごは見栄えをよくするため実の周りの葉を取ったり、日光がまんべんなく当たるように実を動かしたりといった多くの手間がかかります。見た目を気にしなくてもいい加工用りんごだけを栽培することで、こうした作業をすべてやらなくて済むようになったのです。

こうした取り組みは従業員に大好評。農業体験に訪れた県外の大学生から就職の申し出を受けたこともあったといいます。
(女性従業員)「女性だけでも作業ができる。体力がなくても農業の経験がなくてもできるので、農業に興味をもつ若者も増えるのでは」

いいことばかりじゃありません

いいこと尽くしのように見える木村さんの取り組みですが課題もあります。こうした機械のほとんどはオランダやドイツなど農業のIT化が進んでいる国からの輸入品。その導入費用は4500万円にも上りました。木村さんは国や県などの補助金をかき集めるなどして、なんとか資金調達のめどを立てることができたといいます。
さらに、機械化を進めることそのものに対する地域の批判も根強く残ります。手間ひまをかけてりんごを育てていくのが伝統であり、慣習でもあったからです。

“農業が嫌い”

それでも機械化の取り組みを進めていこうとする木村さん。その理由を尋ねてみると豪快に笑いながらひとこと。

「農業が嫌いだからね」

「…ん?…農業が嫌い!?」

私が困惑していると「嫌いだから、楽をしようと思うからここまでやれたんだと思う」と話してくれました。

手間暇かけても収入は上がらない、朝から晩まで働いて週休2日も保証されていない。両親がりんご農家として働くそんな姿を見ていた木村さんは農業が嫌いだったといいます。実情をよく知っているからこそ従業員の負担を軽くしたい。その思いが木村さんを動かしているというのです。
機械を購入して借金を抱えながらも「楽になっちゃってもうやめらんないね」と話す木村さんの姿にりんご産業の将来像が見えた気がします。「農業が嫌い」。そのうそ偽りのないことばが日本の農業を変えるきっかけになるのではと、ふと思いました。
青森放送局 弘前支局記者
平岡千沙
平成30年入局
警察担当を経てりんごの産地・弘前へ
最近アップルパイが作れるようになりました
この記事の内容を短くまとめたショート動画はこちら!