「桜を見る会」名簿 官房長官「電子データ削除で復元不可能」

「桜を見る会」名簿 官房長官「電子データ削除で復元不可能」
「桜を見る会」の招待者名簿をめぐり、菅官房長官は、内閣府のサーバーに保存されていた電子データについても、バックアップ用のデータが一定期間後に削除されるため、復元は不可能だと説明しました。
総理大臣主催の「桜を見る会」の招待者名簿について、内閣府は、保存期間1年未満の文書として、会の終了後にシュレッダーで破棄し、サーバーに保存していた電子データも同様に破棄したと説明しています。

これについて、菅官房長官は午前の記者会見で「内閣府のシステムは、サーバーデータを集中管理する方式で、個々の端末にデータは保存されていない。また、運用事業者によれば、データの破棄後、バックアップのデータも保存期間を経たのちは復元は不可能だと聞いている」と説明しました。

また、野党側が、いわゆる「オーナー商法」で多額の資金を集め、経営破綻した企業が「桜を見る会」への招待状を顧客の勧誘に利用していたのではないかと指摘していることについて、菅官房長官は「具体的なことは承知していない」と述べました。