小泉元首相 「中曽根氏に引退勧告は気が重かった」

小泉元首相 「中曽根氏に引退勧告は気が重かった」
小泉元総理大臣は、29日亡くなった中曽根元総理大臣について、「大事な改革を成し遂げた大政治家の1人だ」と述べるとともに、自身が定年制の例外を認めず、中曽根氏に立候補を断念するよう求めたことについて、「嫌なことを言いに行くのは気が重かった」と振り返りました。
小泉元総理大臣は、鹿児島県薩摩川内市で記者団に対し、29日亡くなった中曽根元総理大臣について、「国鉄や電電公社の民営化など大事な改革を成し遂げた大政治家の1人だ。政治家人生として、よくやったという気持ちで亡くなっていったのではないか」と述べました。

そのうえで、小泉氏が平成15年の衆議院選挙の際、比例代表の73歳定年制に例外を認めず、中曽根氏に立候補を断念するよう求めたことについて、「中曽根氏は総理大臣もやり、十分なのだから、できれば引退してもらいたいと思った。中曽根氏から『君が言うことではない。私は比例代表の終身1位と決まっている』と言われ、びっくりした。嫌なことを言いに行くのは気が重かった」と振り返りました。

桜を見る会「あのころはそんなに人がいたか」

また「桜を見る会」について、「桜を見る会は、私が総理大臣の時もあったはずだが、私はただ行っていただけであんな問題になると思っていなかった。あのころはそんなに人がいたか。その後、増えていったのだろう」と述べました。

そのうえで「私は自分の選挙区の人を招待することは考えていなかった。選挙で私を応援した人の中でも『なぜあの人が招待状をもらって俺がもらっていないんだ』と文句が出るので人数を限定して招待状を出すのは難しい」と述べました。