バドミントン 女子ダブルス 永原 松本ペアが初優勝

バドミントン 女子ダブルス 永原 松本ペアが初優勝
バドミントンの全日本総合選手権は大会最終日の1日、各種目の決勝が行われ、女子ダブルスでは世界ランキング3位の永原和可那選手と松本麻佑選手のペアが、初優勝を果たしました。
バドミントンの日本一を争う全日本総合選手権は大会最終日の1日、東京の駒沢体育館で各種目の決勝が行われました。

このうち、東京オリンピックに向けてしれつな代表争いが続く女子ダブルスでは、初優勝を目指すことしの世界チャンピオンの永原選手と松本選手のペアが大会2連覇中の福島由紀選手と廣田彩花選手のペアと対戦しました。

永原選手と松本選手のペアは立ち上がり、かたさが目立ち抜群のコンビネーションを見せる相手に7連続でポイントを奪われるなど第1ゲームを21対10で落としました。

第2ゲームは、後がなくなった永原選手と松本選手のペアが「開き直った」と持ち味の高さを生かした攻撃を取り戻して得点を重ね、21対15で取り返しました。そして、最終の第3ゲームは、松本選手の強烈なスマッシュなどで11連続ポイントを奪って21対8と圧倒し、ゲームカウント2対1の逆転勝ちで初優勝を果たしました。

また、男子ダブルスでは世界6位の遠藤大由選手と渡辺勇大選手のペアが世界4位の園田啓悟選手と嘉村健士選手のペアにゲームカウント2対1で逆転勝ちし、2年ぶり2回目の優勝を果たしました。渡辺選手はミックスダブルスでも東野有紗選手とのペアで大会3連覇を果たし、2種目で優勝しました。

永原「開き直った」 松本「自信になった」

永原選手は第1ゲームを取られてから逆転した試合展開について「初めての決勝戦で緊張してしまい少し浮き足立ってしまった。第2ゲームからはファンの皆さんにいい試合を見せようと開き直ってプレーしたことで勝ちにつながった」と振り返りました。

松本選手は「この大会ではなかなか勝つことができず、今回は気持ちを入れて臨んだ大会だったので、とても自信になった。この経験を国際大会にもつなげていきたい」と話していました。