中東地域への自衛隊派遣 今月中に閣議決定で調整 政府

中東地域への自衛隊派遣 今月中に閣議決定で調整 政府
中東地域への自衛隊派遣について、政府は、与党側の意見を丁寧に聞いたうえで、海上自衛隊の護衛艦と哨戒機の派遣を今月中に閣議決定する方向で調整していて、哨戒機については年内にも現地で活動を始め、護衛艦は年明けの日本出発を検討しています。
政府は、中東地域への自衛隊派遣について、日本に関連する船舶の安全確保に向けた情報収集態勢を強化するため、アメリカが主導する有志連合とは別に、日本独自の取り組みとして、防衛省設置法の「調査・研究」の一環として行うことを検討しています。

「調査・研究」は、防衛大臣の命令だけで行うことができますが、与党側が党内での手続きを踏む必要があるとしているうえ、公明党内には派遣そのものに慎重な意見も根強くあります。

このため、政府は与党側の意見を丁寧に聞いたうえで、派遣に向けた手続きを進め、海上自衛隊の護衛艦と哨戒機の派遣を今月中に閣議決定する方向で調整しています。

そして、アフリカ東部のジブチを拠点に、海賊対策にあたっているP3C哨戒機2機のうち1機については、年内にも現地で活動を始め、護衛艦についてはイージス艦以外で、ヘリコプターを搭載できるタイプを、年が明けてから日本を出発させることを検討しています。