冬の風物詩「ストーブ列車」運行開始 青森

冬の風物詩「ストーブ列車」運行開始 青森
k10012198091_201912011947_201912011947.mp4
青森県の津軽鉄道で、冬の風物詩「ストーブ列車」の運行が始まり多くの乗客がストーブのぬくもりを楽しみました。
津軽鉄道の「ストーブ列車」は、開業した昭和5年の冬から、乗客に石炭を燃料に使う「だるまストーブ」で暖まってもらおうと、運行を始めたもので、ことしで90年目を迎えました。

ことしの運行初日となった1日は、五所川原市にある津軽五所川原駅で記念の式典が開かれ、津軽三味線の演奏が披露されました。そして澤田長二郎社長が「きょうは少し寒く、ストーブ列車日和となりました。たくさんの人たちに楽しんでもらいたい」とあいさつし、テープカットが行われました。

1番列車にはおよそ150人が次々と乗り込み、赤々と燃えるストーブを珍しそうに眺めたり、ふるまわれたスルメや日本酒などを、おいしそうに味わったりしていました。青森県黒石市から訪れた50代の女性は、「ストーブが優しい暖かさでいいですね。小学生のころを思い出して、懐かしい気持ちになりました」と話していました。

津軽鉄道の「ストーブ列車」は、津軽五所川原駅と中泊町の津軽中里駅を結ぶ全線で来年の3月31日まで毎日運行されます。