80歳男性 軽乗用車で関越道を逆走か 乗用車と衝突し死亡

80歳男性 軽乗用車で関越道を逆走か 乗用車と衝突し死亡
k10012198081_201912011824_201912011824.mp4
1日、群馬県渋川市の関越自動車道の下り線で軽乗用車が乗用車と衝突し、軽乗用車を運転していた80歳の男性が死亡し、乗用車に乗っていた70代の男女が重軽傷を負いました。警察は現場の状況から軽乗用車が逆走して正面衝突したものとみて、調べています。
1日午後2時半ごろ、群馬県渋川市赤城町の関越自動車道の下り線で軽乗用車が乗用車と衝突し、軽乗用車を運転していた、渋川市内に住む津久井豊さんが(80)病院に運ばれましたが全身を強く打っていて2時間後に死亡しました。

また、乗用車を運転していた74歳の男性が両足首を骨折する大けがをしたほか、同乗していた72歳の女性が左手首を打撲するなど軽いけがをしました。

警察によりますと事故の直後、乗用車に乗っていた72歳の女性が「逆走した車と衝突した」と通報したということです。

双方の車は前方から激しく壊れていて、警察は現場の状況から軽乗用車が逆走し、正面衝突したものとみて調べています。

この事故で、関越自動車道は下り線の一部の区間で3時間余りにわたって通行止めとなりました。

ドライブレコーダーがとらえた映像

1日午後2時20分すぎ、関越自動車道の下り線、赤城高原サービスエリアの手前で撮影されたドライブレコーダーの映像には、車が右側の追い越し車線を走行していると、突然、前方から車が逆走してきて、そのまま近づいてくる様子が映っています。

ドライブレコーダーを設置した車がすぐに、左側の走行車線に進路を変えたあと、まもなく、逆走してきた車がすれ違っていきました。逆走してきた車は、スピードを落としている様子はなく、左側のウインカーを点滅させていました。

ドライブレコーダーを搭載した車に乗っていた、新潟県の50代の男性は「逆走していた車には高齢の男性が乗っていて、スピードを出して運転しているように見えました。男性は前のめりの姿勢できょろきょろしていて、不安そうな表情に見えました。直線の区間だったので、逆走してきた車が見えたところで、急ブレーキをかけ、車線を変更しましたが、見通しが悪ければぶつかっていたかもしれないと感じました」と話していました。