バドミントン 男子ダブルス 遠藤・渡辺ペアが優勝

バドミントン 男子ダブルス 遠藤・渡辺ペアが優勝
バドミントンの日本一を決める全日本総合選手権は、大会最終日。男子ダブルスの決勝は、世界ランキング6位の遠藤大由選手と渡辺勇大選手のペアが、2年連続4回目の優勝を目指した世界4位の園田啓悟選手と嘉村健士選手のペアにゲームカウント2対1で逆転勝ちし、2年ぶり2回目の優勝を果たしました。