小学校の校庭にクマ 住民などへの被害なし 北海道 帯広

小学校の校庭にクマ 住民などへの被害なし 北海道 帯広
k10012197701_201912010919_201912010919.mp4
1日未明、北海道帯広市の住宅街でクマの目撃が相次ぎ、警察などが警戒にあたっていたところ、朝になって市中心部の小学校の校庭に姿を現し、警察や市が対応を検討しています。
1日午前2時ごろ、北海道帯広市西16条南31丁目の道路でクマ1頭がいるのを車で通りかかった男性が目撃し、警察に通報しました。

警察がクマの行方を探していたところ、およそ2時間後の午前3時50分ごろ、1.6キロほど離れた緑ヶ丘公園に隣接する帯広警察署の緑ヶ丘交番付近の路上でもクマ1頭が歩いているのを警察官が目撃しました。

警察によりますと、目撃されたのは同じクマとみられ、その後市の中心部の方向へと移動し姿を消しましたが、午前7時前、交番からおよそ2キロ離れた帯広小学校の校庭でクマが目撃されたということです。

これまでのところ住民などへの被害は確認されていないということです。
クマが入り込んだ帯広小学校では、校舎の中や校庭に警察官や帯広市の職員それに地元の猟友会のメンバーが駆けつけてクマの様子を見守っています。

午前9時現在、クマは校舎と校庭の間にある木の上に上がっているとみられ、警察や帯広市などは今後の対応について検討しています。

周辺では住民に外出を控えるよう警察などが呼びかけていて、報道関係者も校庭には入らず、裏側まで離れて取材を行っています。

帯広市教育委員会によりますと、帯広小学校では日曜日は子どもたちや地域の人たちを含めて、特に行事や催しは予定されていないということです。

住民「早く捕まってほしい」

帯広小学校の近くに住む40代の男性は「町の中心部にクマが出たというのは聞いたことがない。今のところ被害はないと聞いているが、もし時間帯が違ったら大変なことになったと思う。町なかで出たので怖い」と話していました。

30代の男性は「住宅街なので怖い。きょうは休日なので小学生がいなくてまだよかった。早く捕まってほしい」と話していました。