犯罪者の更生イベント中に突然犯行か 英5人死傷事件

犯罪者の更生イベント中に突然犯行か 英5人死傷事件
イギリス・ロンドン中心部で男がナイフで歩行者らを切りつけ5人が死傷した事件で、容疑者の男は犯罪者の更生に関する集まりに参加していた際に、突然、犯行に及んだとみられ、警察は動機の解明に向けて当時の状況を詳しく調べています。
イギリス・ロンドンの中心部にある「ロンドン橋」の周辺で29日、男がナイフで歩行者などを次々に切りつけて男女2人が死亡、3人がけがをし、男はその場で警察官に射殺されました。

警察によりますと、男はウスマン・カーン容疑者(28)で、9年前の2010年、国際テロ組織「アルカイダ」に影響を受けた過激派グループに所属し、爆弾テロを計画したとして逮捕・起訴されて有罪判決を受けていました。

カーン容疑者は去年12月に釈放され、その後は監視のための装置を身につけて警察の監視下に置かれていて、犯行の直前は現場近くにある建物で開かれていた犯罪者の更生に関する集まりに参加していたということです。

ところが、そのさなかに突然、ナイフで周囲の人を襲い、その後、建物の外に出て歩行者を切りつけたとみられていて、警察は動機の解明に向けてこの集まりに参加した経緯も含め、当時の状況を詳しく調べています。

この事件をめぐってはジョンソン首相が「深刻な犯罪者の早期の釈放は間違いだ」と述べていて、カーン容疑者の釈放の判断に関しても議論が起きています。