全国の公立高校 40%超が定員割れ 教育の質に影響も

全国の公立高校 40%超が定員割れ 教育の質に影響も
k10012194311_201911281934_201911281943.mp4
少子化に伴って生徒の確保に悩む高校が増える中、ことし春に行われた入試で、全国の公立高校のうち43%余りに当たるおよそ1400校の学科などで募集人数を下回る「定員割れ」となっていたことが分かりました。このうち18の道と県では半数以上の高校が「定員割れ」となる事態となっていて、専門家は「定員割れが続くと授業など教育の質に影響が出かねない」などと指摘しています。
少子化に伴って全国の公立高校では、入学者などが募集人数を下回る「定員割れ」となるケースが相次いでいて、今回、NHKは、ことし春に行われた入試について、全国の教育委員会に取材しました。

その結果、ことし募集のあった分校を含む全日制の公立高校のうち、43%余りに当たる1437校の学科やコースなどで「定員割れ」が生じていたことが分かりました。

さらに、18の道と県では半数以上の高校が「定員割れ」となる事態となっていました。

その割合が最も高かったのは高知県で、およそ91%と県内34校のうち31校が定員を満たしていませんでした。

次いで、島根県と鹿児島県がおよそ88%、熊本県や沖縄県でも70%を超えていました。

一方、全国で最も低かったのは東京の10%でした。
「定員割れ」が深刻化している背景には少子化が影響しているとみられ、文部科学省によりますと、ことし春の国公私立を含む中学の卒業生はおよそ111万人と、この30年で半数ちかくにまで減少しています。

30年で633校減

深刻化する「定員割れ」の事態を受けて、全国の自治体では近隣の学校を統合したり廃止したりする、高校再編の動きが加速しています。

その結果、文部科学省によりますと全国の公立高校の数は30年前は4183校でしたが、ことし5月の時点では3550校と、633校減りました。

一方、こうした再編の動きに対し地元が懸念を示すケースも少なくありません。福島県では4年後までに25の県立高校を13に再編する計画ですが、これに反対する地元の関係者らが27日、県教育委員会に高校の存続を求める署名を提出しました。
▽統合して生徒たちが新たに通う高校の校舎は、通学に片道1時間以上かかる場合があるほか、▽冬場の豪雪の中で安全に通学できるのか不安を抱える生徒がいることが反対の理由で、5700の署名が集まったということです。

一方、福島県教育委員会は「少子化が急激に進み、学級数を減らすだけでは対応が難しい」と話していて今後、統合に理解を求めていきたいとしています。

募集定員が卒業生上回る 高知

高知県では公立高校34校のうち31校で「定員割れ」が生じていて、その割合は91%あまりと全国で最も高くなっています。県教育委員会によりますと、この春に行われた入試では▼公立高校の全日制の募集定員が5330人だったのに対し、▼卒業した公立中学校の生徒数は4835人と、募集定員が卒業生の数を上回るなど、少子化による影響が深刻化しているということです。

このうち高知県北部の本山町の県立嶺北高校でも定員割れが長年続いています。嶺北高校は、本山町とその周辺の2つの町と1つの村からなる「嶺北地域」のただひとつの高校で、去年、創立70年を迎えました。

3学年合わせた定員、240人に対して、現在の生徒数はその3分の1にあたる80人で、中でも、2年生は15人しかいません。学校では生徒の減少で、部活動では野球などの団体競技が出来なくなったり、多様な考え方を生かした授業がしにくくなったりするなど影響がでているということです。
一方でこの高校では、生徒を全国から募集していて生徒獲得に向けてカヌーの世界選手権で金メダルを獲得したハンガリーの元代表選手をカヌー部の外部コーチに招くなど魅力ある学校作りに取り組んでいます。

山田憲昭校長は、長年続く定員割れについて「主に進学する2つの中学校の卒業生の数が50人前後の状態で、少子化が一番の原因です」と分析しています。そのうえで、山田校長は「目の届きやすい教育が出来るなど少人数だからこそのメリットもあります。嶺北高校のよさを知ってもらえるような取り組みを続けていきたい」と話していました。

また、嶺北高校の卒業生で隣町に住む83歳の男性は「高校は楽しい思い出でした。子どもの数が少なくなっていますが、ぜひ残して欲しいです」と話していました。

公立と私立が一緒に 北海道

深刻な少子化で生徒の確保が困難になっている北海道幕別町では道立高校と私立高校が一緒になるケースまででてきています。

北海道立の幕別清陵高校は、ことし4月に北海道の十勝地方の幕別町に開校しました。幕別町にはもともと、道立の幕別高校と私立の江陵高校の2つの高校がありましたが、少子化が続く中、生徒数の確保が難しく、道立高校への入学者数も定員割れの状態が続いていました。

このため町は、2つの高校を再編し新たな道立高校を地理的な条件もよい江陵高校の校舎を利用して開設するよう北海道教育委員会に要望し、その結果、ことし4月に、道立の幕別清陵高校が誕生しました。道立の幕別高校と私立の江陵高校はいずれも再来年に閉校することになっています。
新しく誕生した道立の幕別清陵高校は、私立の江陵高校の校舎を使用していて、現在、校舎には幕別清陵高校の1年生100人余りのほか、江陵高校の2年生と3年生が通い、同じ校舎で道立と私立の生徒が学校生活を送っています。

学級数は幕別高校は1学年1学級でしたが、幕別清陵高校では3学級となり、江陵高校に置かれていた福祉科は新しい高校では福祉コースとして設置されています。

学校によりますと、2つの学校は2年後までは学校施設を共有しながら、一部の学校行事や部活動は一緒に行っていくということです。

専門家「定員割れをチャンスに」

高校の定員割れなどに詳しい大正大学の浦崎太郎教授は「定員割れで生徒数が減少すると、部活動が維持できなくなったり教員の数が減らされて授業など教育の質が下がったりするおそれがある」と指摘します。

そのうえで「一方で、定員割れしているからといって安易に学校の統廃合を進めても解決策にはならない。今の時代は同質の教育ではなく、子どもたち一人一人の個性を伸ばし、社会と豊かに関わる教育が求められている。定員割れした小規模校こそこうした教育には有利で、地域に応じて学びの多様性を提供できる。そのためには、学校だけで問題を抱えるのでなく、地域と一緒に特色ある学校作りをしていくことが大事で、結果的には将来、地元に人材を根付かせることにもつながると思う。定員割れの事態をチャンスと捉えて見直すことが必要ではないか」と話しています。