ネットの安全利用啓発を 総務相が業界団体に要請 女児誘拐受け

ネットの安全利用啓発を 総務相が業界団体に要請 女児誘拐受け
k10012191581_201911261512_201911261512.mp4
大阪の小学6年生の女の子を誘拐したとして栃木県の男が逮捕された事件で、2人がSNSを通じて知り合っていたことから、高市総務大臣は、インターネット関連企業の業界団体に対してネットの安全な利用につながるよう文書で対応を要請しました。
この事件で、女の子と男はツイッターの非公開で会話できる機能を使って知り合ったということです。

事件を受けて高市総務大臣は、携帯電話会社などでつくる電気通信事業者協会など4つの業界団体に対して、インターネットの安全な利用につなげるため啓発活動などに取り組むよう25日付けで文書で要請しました。

高市大臣は記者団に、「電気通信事業者にはこれまでもインターネットの安全な利用に貢献してもらってきたが、より安全な利用に向けて丁寧な周知などを行うようお願いした」と述べました。

そのうえで高市大臣は「警察などとも連携して広く多くの方々に安全な情報通信ツールの使い方を発信してもらいたい」と述べて、再発防止につながるような取り組みに特に力を入れるよう求めました。