1億4000万円所得隠しか ミシュラン掲載された たこ焼き店

1億4000万円所得隠しか ミシュラン掲載された たこ焼き店
飲食店の格付けで知られるミシュランガイドに掲載されたことがあり、外国人観光客にも人気の大阪のたこ焼き店が、売り上げの一部を申告していなかったとして、店の運営会社などが大阪国税局から1億4000万円余りの所得隠しを指摘されたことがわかりました。
所得隠しを指摘されたのは、大阪 梅田のたこ焼き店「はなだこ」の運営会社「芭食サービス」と、関連会社の合わせて3社です。

JR大阪駅近くのガード下にある「はなだこ」は、飲食店の格付けで知られるミシュランガイドに安い価格で質の高い料理を出す「ビブグルマン」として掲載されたことがあり、多くの外国人観光客が訪れる人気店です。

関係者によりますと、レジの記録を消すなどして売り上げの一部を申告せず、法人税や消費税の支払いを免れていたほか、従業員の給与の源泉所得税の一部も納めていなかったということです。

大阪国税局は去年4月までの5年間に1億4000万円余りの所得隠しを指摘し、重加算税を含むおよそ8000万円を追徴課税したということです。

「はなだこ」の運営会社は取材に対し「税務調査の内容については答えられない」としています。

1億円脱税の店も

大阪のソウルフードとも言える「粉もん」の代表格「たこ焼き」は、外国人観光客の急増に伴って売り上げが伸びていますが、去年、別の店も脱税で摘発されています。

摘発されたのは大阪城公園にあった、たこ焼きの売店で、平成28年までの3年間に5億円以上を売り上げましたが、税務申告を全くしていませんでした。

売店の店主は、1億3200万円余りを脱税した罪に問われ、有罪判決を受けました。

裁判の中で店主は「外国人観光客が増えてからは1日に数十万円、多い時には数百万円が手元に残るときもあった」と話していました。

「粉もん自体が疑われるのは悲しい」

所得隠しが明らかになった「はなだこ」は、26日も営業していて、訪れた客からは金額への驚きや、適正な納税を求める声が聞かれました。

サンフランシスコから旅行で来たという49歳のアメリカ人の男性は「1億4000万円という額はとても大きく感じます。きちんとモラルを持ってほしいと思います」と話していました。

また大阪市の30代の会社員の男性は「ニュースを見て、きょう初めて、ここのたこ焼きを買いに来ました。税金はきちんと申告すべきだと思いました」と話していました。

兵庫県西宮市の60代の女性は「おいしいと聞いていたので、きょう初めて娘と来ました。大阪のソウルフードで納税されていなかったと聞いて悲しいですし、食べるのも気が重くなります」と話していました。

東京から来た36歳の会社員の男性は「大阪出身なので以前からこの店には来ていました。味はおいしいので、まっとうな商売をしてほしいと思います。去年も別のたこ焼き店で脱税が発覚したので粉もん自体が疑われるのは悲しいです」と話していました。